「リエ・・元気かしら?」

ドキッ

8階に住むアパートのコミッティの親玉、エレノアから電話がかかってきました。

「メトロポリタン美術館で素敵な催しがあるの。そこでランチでもいかがかしら?」

瞬時に、おばあちゃんは足が悪くてゆ〜〜〜〜っくりしか歩けないのに、美術館に行って大丈夫かしら?

とか、

寒い中出かけて、風邪引かないかしら・・?

などの考えが走りました。

 

でもこれは、エゴの声。

本当は、英語でしゃべるのが億劫で、英語でのコミュニケーションに自信のない自分のいいわけだと気づきました。

エレノアは、すごく優しいし、教養があって何でも教えてくれる。

自分が歩けるからこそ、誘ってくれたはず。

こうなったら、最敬礼。

ありがたく「ハイッ」と言うしかりません。

 

そこで、「ハイ、メトロポリタンに行きましょう!」と言ったら、

「そう。じゃあモルガン・ライブラリーに行きましょう」とおっしゃって。

あれ・・・?さすがにミュージアムとライブラリーの違いはわかると思っていたけど。(泣き顔)

 

なんだかわからないけれど、タクシーに乗ってモルガン・ライブラリーへ向かいました。

エレノアは、タクシーの中でハンドバックをごそごそして、首から下げるカードのようなものを取りだすと、

「ほらね。私はこれがあるから、美術館は全部無料なのよ」とニッコリ。

え?シルバーパス???

「私は、自然史博物館でボランティアをやっているからね」

ああ、言わなくて良かったと胸をなでおろします。

それにしても、すごいです。

ゆ〜〜〜〜っくりしか歩けないそのお見足で???

「すごいです。エレノア。お元気!」

「ありがと。そうそう、来週から2週間ほど、ちょっとインドへ行ってくるわ。3月はパリに行くし、姪も遊びに来るし。

そ・う・ね。・・・・・4月。4月になったら、電車に乗ってNJの美術館に行きましょう!」

「へ???私と?」

「ええ。もちろんよ〜〜」

エネルギーが必要なのは私の方です。

 

エレノアおばあちゃんは、本当に優しいのです。

人生50年で、こんなに私を甘やかしてくれたのは、片山コーチとエレノアおばあちゃんの2人しかいません。

「リエの英語は、本当に進歩しているわ。本当よ」 (ガーーーーー赤面)

「私ばかり、話していない?」

「わからないことがあったら、何でも聞いてね」

「何が食べたいの?」

・・と、まるで小さい子に接するように可愛がってくださいます。

エレノアは顔を寄せて、「リエのNYでの生活がうまくいって本当にうれしいわ」とささやきます。

でも、すぐに大きな声で「何かあったら、ただじゃおかないから、私に言うのよ」

ああ、びっくりした!!!

もう、怖すぎます。

それにエレノアは、シニカルです。

レストランでメニューを見ながら「フン、ろくなものがないけど。ま!いいでしょう」(大きな声で言いますし)

美術館のツアーの先生が、長々説明していると、

「ほれみてごらん。あんな説明じゃあ、みんな退屈して、眠ってしまいそうだよ」(またまた大きな声で)

などと言うので、私はビクビクです。

でも、すぐにとろける笑顔で、

「さあ、リエ。あの邪魔なグループがいなくなったら、ゆっくり見ましょう。ディケンソンについては、私は詳しいのよ」

ますます、大きな声で言うのです。

だから、私はドキドキするのですよ〜〜〜

 

ランチの間も、エレノアのゴージャスで本音バリバリの人間臭い人生物語をたっぷり聞いて、面白かった〜。

まるで3日間過ごしたぐらいの充実の一日でした。

 

 

 

 

 

9 返信
  1. AYA
    AYA says:

    Unknown
    理恵さんがとってもお行儀がよいので、ある意味
    そうではない人(笑)がこれからどんどん現れて、
    理恵さんにそんなに周りを気にしてお行儀よく
    しなくても、もっと自由に自分の好きに正直に
    していいのよと、身を持って教えてくださりそう
    ですね! ぜひぜひ困惑しないで楽しんでください♪

    それにしてもエレノアおばあちゃんはあっぱれですね、
    ブラボー!!!

    返信
  2. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >AYAさん

    ええ、本当に頼もしいエレノアおばあちゃん。
    エレノアのように自立して、しっかりと生きていきたいです!

    返信
  3. 蓮見
    蓮見 says:

    Unknown
    エレノアおばさんとの会話は、動画をみているように生き生きとした描写力です。1日で3日分の英会話レッスンでしたね。

    返信
  4. Tonoko
    Tonoko says:

    人生の先輩
    よい先輩に恵まれましたね。
    刺激的で学ぶところがたくさんありそう。

    最近自分より若い人と接することが多いから、そんな先輩がそばにいてくれたらありがたいだろうなぁ。

    いつまでもお元気で、エレノアさんらしくいらしてほしいですね。

    返信
  5. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >蓮見さん

    エレノアおばあちゃんの前では赤子になるしかないのですが、まさにそれこそ、私が望んでいたこと!
    アメリカの幼稚園に入って、幼稚園児と一緒に過ごしたいと思っていたんですもの・・・
    出会いって素敵!
    本当に、ありがたいです。

    返信
  6. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >Tonokoさん

    刺激たっぷりで、超面白い!
    エレノアおばあちゃんのセレブっぷりと、一人息子の反乱ストーリーなんて、スケールが大きすぎてびっくりです。

    Tonokoさんも聞きたいでしょ?

    一人息子さんは、せっかく入った大学を(勝手に)1年でやめて、出会った彼女と(勝手に)結婚。
    19歳でカルフォルニアに家を(勝手に)買ったものの、すぐに離婚。
    その後、行方知れずになっったと思ったら、
    1年後にひょっこりロンドンから連絡が・・・
    世界中を放浪して一文なしになったそうです。
    そして、ロンドンの大学に入り直したいから「お金ちょーだい」と連絡がきたのでした。

    エレノア、息子さんの生活費は、どうしたの?

    思わず聞いちゃったわ〜

    エレノアは、指を立てて、

    リエ、それはいい質問だわ!と言いました。

    彼のおじいちゃん< エレノアの父君)が彼に残した遺産があるの。ところが、それを2年で全部使い果たしたのよ。まあ、彼のお金だからね。
    いいけど。
    仕方ないから、学費は私が出したわよ・・・

    ふ〜ん。
    目を真ん丸にして聞く、英語のレッスン。
    まだまだ面白話しは続きます。

    返信
  7. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    つづきです。

    彼のおじいちゃん(エレノアの父君)の遺産があったから、それを使ったのよ。
    それにしても、見事に使いはたしてくれたワ。
    仕方ないから、学費は私が出したけどねフンッ

    へえ〜。息子に渡った遺産には、口出ししないんですね・・・
    でも、いったいいくらもらったんだろ?
    おばあちゃんのゴージャスな暮らしぶりを思い出しながら、想像して楽しんじゃいました。

    返信
  8. Tonoko
    Tonoko says:

    この親にして、、、
    息子さんも豪快な感じですね。

    代々でっかく生きているような。そういう人が実存するんですね。教えてくださってありがとう!

    返信
  9. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    それでも、ハラハラしたでしょうね〜
    我が子をデッカクを育てるには、こちらもデッカイ腹を持たなくちゃ。ですよね!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です