ニューヨーク滞在の2週目は、
コーチングのクラスやセッションを入れていたので、
お仕事モードです。

一昔前は、急にネットが繋がらなくなったりして、ヒヤヒヤでしたが、
今回はうまく行ってホッとしています。
ZOOMやスカイプ、ラインでセッションできるので、
日本にいる時と全く変わらずお仕事できて、助かっています。

そんな中、今日は6時間ほど時間があったので、
ジュリアンのオススメのグッゲンハイムに行ってきました。

ニューヨークには、個性豊かな美術館がいっぱいあるけれど、
ジュリアンに聞けば、『今シーズンのオススメ』を教えてもらえるのでありがたい!

いやぁ〜〜懐かしいな。

ちょうど2年半前まで、
セントラルパークを挟んだ向こうのアッパーウエストに住んでいたので、
メトロポリタン美術館やグッゲンハイムは、お散歩を兼ねてよく来たものでした。

中でも、美術館併設のレストラン、The Wrightはスッキリしていて落ち着きます。

まずは、白ワインとサラダでホッと一息。

ああ、帰って来たな〜〜

さてさて今回は、Hilma af Klintというスェーデンの女流作家の回顧展でした。

お花や月のようなモチーフがちょっと可愛らしい感じでしょう?

啓示を受けたかのように描き続けたという彼女の絵は、
ちょっと不思議です。

曼荼羅のようなモチーフや、陰陽、ピラミッドや十字架、ハート、
草木や種のようなものなどが、抽象的に描かれていて、
どこかスピリチャルで宇宙的。

なんと彼女は、
当時の社会では、自分の絵を理解してもらえないと考え、
没後20年間は公開しないように希望したそうです。
それがわかって封印してしまうなんて、これまたすごいですよね・・

その数、なんと1000点以上。

今の時代でしたら全然オッケー。
受け入れられる!

彼女が表したかったことや絵の意味も知りたいし、
お話も見いてみたかったなぁ。


こちらに美術館のビデオがあります。

よかったら見てみてください。

外に出たら、冷たい風に吹かれて大きな雲がゆっくりと移動していました。

この冷たさが、キリッとしていて好きなんだな・・・

帰りは、大好きなNYの味。
ピーカンとクランベリーの入ったサワードウの大きなパンを買って帰りました。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です