今頃になって気づけたことがありました。

コーチングのセッションでは、大切な人に承認されない苦しさ、愛する人を承認できず、つい、傷つけるような言葉を発してしまうといったテーマでお話しすることがあります。

私も承認の少ない環境で育ってきました。

「やったよ!」「出来たよ!」と持っていっても、あれこれ選んだプレゼントをしても、喜んでもらえたと感じることが少なかったです。
特に、大好きな人に限って、承認してもらえないことが多く、悲しかったです。

喜んでいるのかもしれません・・?

口下手なのかも?

不器用なの?

でも、思いをシェアしてもらえなければ、寂しい思いをします。

その寂しさは、あきらめに変わって行き、本音でつきあうのが怖くなってしまいます。

例えばこんなことがありました。

「今度5月に日本の唱歌が22曲も入った本が出るの。素子さんの素敵なアレンジで、CDもついているし、ママでも弾けるレベルよ! プレゼントするね」

「あ。ママ、日本の歌をピアノで弾くって、嫌いだから」

(言わなきゃ、よかった)

まあ、本当のことを言っただけのことなんでしょうけれど。

そう!と笑顔で言ってくれただけで、どれほど嬉しいでしょう。

コーチングでタイプや強みを学んで、自分と違うコミュニケーションの傾向があることを知ってからは、頭では理解できるようになり、ニーズを満たすための、つまり相手に喜ばせるための空回りした行動は、ぐっと減りました。

このことは、私にとって大きな問題でした。

思えば、問題を解決したいという思いがコーチングの勉強へと走らせたのかもしれません。

そして、昨日!

気づいたのです。

私は、今までずっと、本当にラッキーなことに、いつも素晴らしい環境で学ぶチャンスに恵まれてきました。

母が一生懸命ピアノの先生を探し、やっと出会えた江崎光世先生。
クビになりそうなほど、出来の悪かった私でした。
あのプライドの高い母が先生におすがりして、なんとかつなぎ止めて、レッスンしていただけていたのです。

私は、それを先生から言われるたびに、やるせない気持ちになりました。

でも、今だからわかるけれど、それは、母の情熱。娘を思う気持ちでした。

そんな、私を誠心誠意、ご指導してくださった江崎先生は、忍耐強く責任感のあるプロ中のプロです。

そして、職場では、ひよっこの私にあらゆるチャンスと試練を下さった上司、内山節子先生。
どんなに頑張っても先生の要求に答えることは、出来ませんでした。
絶望的な気持ちを切り替えて、レッスンへ向かう事は、若い私にとって大変難しいことでした。

先生方から見て、「出来の悪い」「ひよっこの」私を認めることは難しいことですよね。
そこに気づかず、ずっと認めてもらいたいともがいてきました。
また、認めてもらうことに囚われていました。

でも、よ〜く考えてみたら、いまだに私は、先生や母から見たら危なっかしい存在なのだと思います。

ふと、認めて欲しい・・という気持ちを手放してみたら、ふ〜っと軽くなったんです。

そしたら、その替わりに見えてきたことがありました。

母も先生方も「こんな私を手塩にかけて育ててくれた」という事実。

決して、手を抜かず、厳しい愛と使命を持って育てて下さった。
プロとして責任を持って育ててくださった。

それは真実です。

その精神が、私の中に宿っていることに・・・

実は、昨日のセッションのことです。

あるクライアントさんに言われた「自分に厳しいですね」という一言が呼び水となりました。
常に厳しく一生懸命私を育ててくれた母や先生方の魂が、私の中に育っていたことに気づいたのです。

・・・言葉を失いました。

そして、改めて、進化したい・・と思いました。

私にとっての進化は、受け継がれた「手塩にかけて育てる」精神を軸に、多くの人を「承認できる人」となること。

「承認できる人」になるための学びとして出会った新たな師が、まさに重鎮コーチです。

私は、重鎮コーチからの愛にあふれた承認の数々を受け取って、自分を愛することができるようになりました。

そんな思いやりのある暖かい承認の中で、赤ちゃんのように安心して成長できる自分を感じ、幸せでした。

今、幸せになった私は、どうなったかというと?

周りの人も幸せにしたい・・という気持ちが芽生え、育ち,溢れてきています。

今までの「自分がしてもらえなかったから、人にしてあげる」といった反面教師的承認を卒業して、自然に感じて、思って、行動出来る自分になったような気がしています。

私が承認されて幸せになったように、周りの人も幸せな愛で包んであげたいのです。

そして、この承認の魂を私の中に宿して、生きていきたいと思います。

師との出会いで、人はいくつになっても進化することが出来るんですね!

私、48歳です。あはは。

素晴らしいなあ〜人生って!

10 返信
  1. 素子
    素子 says:

    Unknown
    どうしてでしょう。
    涙が出ました。

    私も、また、さらに進化していきたいと
    思います♪

    返信
  2. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >素子さん

    メッセージを受けとめることは、難しくって。

    まだまだ小僧です・・

    素子さんの言葉から、恩師のメッセージを受け取ることができました。

    ありがとう・・・

    感謝しています。

    返信
  3. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >メーカー亜希子さん

    今まで出会った人に、心無いことを気づかずに言ってしまったとしたら、お詫びしたいです。

    気づいたその時に謝れる人間になりたい・・と思います。

    返信
  4. Tonoko
    Tonoko says:

    Unknown
    こんなに感動したブログは久し振りです。
    素晴らしい事に気づきましたね〜。

    「承認」って、いろいろな形でできるのだと思う。言葉で褒める事も、笑顔で喜ぶことも。甘い言葉はかけられなくても、自分の存在自体を受け止めてくれる人も「承認」ですよね。「愛の鞭」もあるし。う〜ん、承認する側とされる側の「承認の仕方」の相性もありそうですね。

    返信
  5. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >Tonokoさん

    ありがとうございます。

    言葉なくても、承認されているかどうかって、伝わりますよね・・・

    怖いって思います。

    深く大きな承認力をつけていきたいです。

    返信
  6. 高橋美佐
    高橋美佐 says:

    Unknown
    青木理恵さんご無沙汰しています。
    いろいろなことを考えさせられるシェア、
    ありがとうございます。
    承認って、愛情なんだなと思いました。
    そして、愛情の表現の仕方が様々であるのと同じように、承認の仕方も様々。
    そして受け取り方も人様々。
    私は理恵さんのお母様に近いタイプですが、
    これを読んで目がうるみました。

    返信
  7. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >高橋美佐さん

    私もただ今、愛情を伝える練習中。

    まだまだ、足りないんだな〜って思う毎日です。

    大切な人の心を失ってからでは、遅いと思います。

    だから、まず一歩前進。

    がんばっとります。

    3月にこの前連れて行っていただいた京都のイタリアンに娘を連れて行きたくって、あの界隈をぐるぐる回りました。

    見つからなかった〜

    次回、絶対に連れて行きたいです。

    心のこもったセンスの良さを味あわせたくって・・・

    返信
  8. 高橋美佐
    高橋美佐 says:

    Unknown
    「ガリーレ(イタリア語で”癒し”の意味)」というお店です。

    今度お嬢様と京都にいらっしゃるときは
    ぜひご一報ください!

    返信
  9. 青木理恵
    青木理恵 says:

    Unknown
    >高橋美佐さん

    いや〜もう!

    いいお店でしたよ。

    京都っていうのが、また、いいんだな♪

    オーナーによろしくおっしゃってくださいね。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です