木下着物研究所の木下ご夫妻のお茶会にご招待いただきました。

生憎の雨。

憧れの黒マントを着込んだマロさんと、
京都の野村先生からいただいた、
お母様のお着物を着込んだ私。

品川駅構内のカフェで一息ついて出発です。

高輪の閑静な住宅街にひっそりと佇む日本家屋・・・
引き戸を開けると、暖かいお部屋にお香の香りが立ち込めています。

うわ〜〜
本格的なお茶会だ!

こんな時、
私もお茶の嗜みがあれば、言い訳せずにすんなりと入っていけるのに・・・
いつも軽い後悔が胸をかすめます。

でも、お茶の世界の奥の深さに、
入門するには腰が引けてしまう私。

くぅ〜
コーチングならば、どこまでも獣道を走れるのになぁ・・・

でも、明るくて軽やかな奥様の紅子さん、
さりげなく優しく教えてくれる圭子さんやマロさん。
フランス人でもここまでかっこよく、楽しまれているピエールさんの
おかげで、知らない世界を楽しむ事ができます。

皆さんは、NYの裏千家のお仲間。
一方、木下さんは武家の流れを組む三斎流。

無駄のない洗練された所作も美しく、
御心のこもった美味しいお茶をいただきました。


お菓子は赤坂まで買いに行ってくださったという塩野の水仙。
美味しいお茶にあう品格のあるお菓子。

美しいお茶室です。

さらに、場所を移して、高輪の古い地図を見せていただいたり、
好きなお茶やお茶碗を選べる、茶Bar『木下』の開店です。
和やかにお茶の時間を楽しみ、
器を見せていただいたり、
お茶の世界のお話を伺ったり。

しつらいの広田先生もそうだけれど、
丁寧に暮らしている人には、憧れる・・・


日本っていいなあ〜

せっかく日本人に生まれたのですもの。
来年は、私もできるところから、少しずつ取り入れていきます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です