今日は、友人のピエールさん&ケイコさんご夫婦をお誘いして、
葉山文化園で行われる広田千悦子先生のお稽古に伺いました。

葉山文化園は、隈研吾氏の設計のモダンで落ち着く会員制のサロン。
普段は入れないけれど、この日は葉山芸術祭特別企画ということで、お邪魔することができました。

中には、広田先生のシンプルで洗練された12ヶ月のしつらいが展示されていて、
ため息が出るほどの美しさ。

   

 

ひとつひとつの説明が、とても丁寧に書かれた資料もいただきました。

そして、端午の節句の意味や、薬玉についての意味や
歴史を学んだあとは、いよいよ薬玉(くすだま)作りです。

薬玉は、古代中国から伝わり、
長寿を祈り、邪気を払うためのもので、菖蒲の葉に糸を垂らし季節の花を飾ります。

薬玉については、続日本後記や枕草子にも書かれているとのこと。

 

写真は、薬玉を持つ広田先生。いつもお着物姿が素敵。

そして、葉山文化園の塾長補佐のマダムの美しさにもうっとり・・・
エレガントなそのお姿は
あ!見たことある!
資生堂のCMや婦人雑誌の表紙に出ていらした方だ!

ピエールさんご夫婦にも、私たち日本人でも知らないような

深い世界感を味わっていただけてよかった〜〜
ああ、なんてラッキーなのでしょう。

 

さあ、いよいよ薬玉を作る時間。

見本を元に、

紐を結び、小菊をカットしてオアシスに刺し、
菖蒲の葉を垂らし、榊、または南天の葉をトップに飾って完成。
それぞれ、好きな色で、自分のセンスで作り上げます。

紐を結ぶのが難しかったなぁ・・・

 

私は、白とピンク、ケイコさんは黄色と白。
ピエールさんとまろさんは、白菊の薬玉。
私以外の3人は、お茶をやっているので、紐を結ぶのも上手です。

なんとか、無事完成した後は、
お楽しみのティータイムです。

 

今日のドリンクは、さっぱりとしてほのかに甘いスイカズラとミントのお水。

お菓子は、山査子と棗。なんて美味しいのでしょう。

これで、ますます長寿、間違いなし!

  

明日は、先生のスタジオでもう一つ薬玉を作ります。
先月作った仏様も焼き上がっているかしら・・・

楽しみに胸を膨らませて、おやすみなさーい。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です