今日は風が強かったですね・・・
そんな中、葉山の先の秋谷に季節のお稽古に行ってきました。

月に一回の日本の行事、歳時記について教えていただいて、

行事にちなんだ飾りも作ります。

先月は、ひな祭りだったので、
苔を植えて小さな箱庭を作りました。

そのときにいただいた可愛いひなあられと、
先生お手製の椿のジャムの美味しさったら・・
とっても新鮮!
先生のセンスの良さに、言葉が出ないほどでした。

 

今日は、何を作るのかしら・・・ワクワクしながらバスに乗り込みます。

 

意味は荒れ模様。
でも砂浜には春の花が揺れています。

今日は、
桜の話、
4月8日のお釈迦様のお誕生ににちなんだ花まつりの謂れ、

歴史や古くからの習わしなどを学びました。

 

今日の生徒さんは、私を入れて3名。
ゆっくりと贅沢な空間で、小さな仏像を土で作るのです。

 

京都の赤土、秋谷の土など、何種類かの土を用意してくださっていました。

ほら、見て!
焼きあがると、こんな風に色が違うんです。

 

 

土をこねこね、

へらや竹串を使って、仏像の形にしていきます。

外で荒れていた風の音も聞こえなくなるくらい、

集中する時間。

この非日常な静かな空間での集中こそが、
いつもクライアントさん相手に話を聞いている私にとって、

大切なリフレッシュ。

 

どう?
できたよ〜
経木の上にお花を飾って完成です。
初めて作ったにしては、上手でしょう?
可愛いなぁーと自己満足。

一つはハルカを思って作りました。

この仏像は、先生が焼いてくださって、
1ヶ月後に手元にやって来ます。

たのしみだなぁ〜〜

 

お稽古の後のお楽しみ。
今日のお茶は、甘茶でした。

初めて飲んだけど、甘茶ってその名の通り、
まるでお砂糖を入れたかのよう・・・

びっくりするくらいの甘さです。。
これがお茶の葉だけの自然な甘みと聞いて、二度びっくりです!

よもぎ餅は先生自ら

お庭のよもぎを蒸して作ってくださったというお餅でした。
形も可愛く、シンプルで優しいお味が甘茶によく合いました。

素敵なお皿は、韓国の古い瓦ですって。

 

私は、何かを学ぶときは、いつも一流の先生を探します。

コーチを選ぶときも然り。
そして帰国して習い始めた懐石料理もそうです。

私にとっては、
『どこで(どの学校で)学ぶか』よりも、
『どの先生から学ぶか』を大切にしています。
ブランドや先生の経歴で決めるのではなく、
先生の知識や技術、お人柄に接して、
ここで学んだら自分は成長できるだろうか、
楽しく集中して学べるだろうかといった感覚で決めています。

 

 

今までの経験からすると、
一流のコーチや先生ほど地味ですね。

ひっそりと地道にご指導されていて、
悪い噂は聞きません。

また、お稽古のお月謝のお値段も、
そうびっくりするほどお高くないし、
何かを売りつけたり、
プッシュすることもありません。
品が良いなぁと思います。

毎回、この方の元で学べる幸せを感じることができる。
そんなありがたい存在に、
私もなりたいと願っています。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です