いつも自分が「ここにいる」「愛されている」って思い出させてくれる
ACIM、奇蹟の学習コース。

幸運にも私は、
ロンドンでは溝口あゆかさんに、
そしてNYでは香咲弥須子先生に教えていただくことができました。

それは、少しずつ少しずつ私の中に沁み込んでいき、
コーチとしての物の考え方やあり方と混ざり合って、優しく私を染めていったような気がします。

今回も、約2年半ぶりではあったけど、
ユニオンスクエアにあるCRSを訪ねて、
愛のクラスを2回受けてきました。

クラスの内容は深く、
とてもうまく文章では書き表せないけれど、
<病気>や<問題>とは、
自分を愛し、成長させるための完璧な道具であること。

ジタバタするのではなく、
心配は手放して、
ただただ自分の中にいる神さまに素直に助けを求めると良いことなど、

そして、恐れと、どう向き合うかについて。

参加者のシェアを含めながら進められました。
恐れと向き合うことは、難しいかもしれないけれど、やってみる。


そのためには、まず、エゴの仕組みを知ること。

それは、自己理解の大きな助けになるし、
辛い時間が短くなるかも。


そして、怖いし、難しいかもしれにけれど、
隠しておきたい気持ちに向き合ってみる。

難しいことほど、
逃げずに’やってみる。
向き合ってみると光が見えてきます。

ちょうど、前の日のりえずむ塾のクラスでもシェアしたのですが、
ルイーズ・ヘイも言っていました。

ミラーワークで、自分の目をしっかり見つめながら、
自分に向かって「愛してるよ」って言う。
それですら、とても難しい。でも、やってみて!って。

太くて大きくて美しい、ルイーズ・ヘイのビデオ

鏡のワークとしては、
大好きな中村天風先生も積極的精神の訓練として、
対鏡法を実践されていました。

鏡の効果は絶大です!


パワフルな天風先生の生声。

声ってすごいでしょう?

私のメンターのお声もお届けしましょう。

香咲弥須子先生。
いつも言葉の使い方が明確で迷いがなく
勉強になります。先生のビデオです。

溝口あゆかさんの動画もたっぷりと。
非二次元のお話をわかりやすく教えてくれます。

さて、話は戻りますが、
いつも優しく私を迎え入れてくれる香咲先生。

クラスの内容が難解すぎたり、
受け入れがたくて
嫌になってお休みしてしまっても、
それでも訪ねていけば、
舞い戻った私をいつも笑顔で向かい入れてくださいます。

私も、誰に対してもオープンで手を広げているつもりだけど、
相手にそう思ってもらえるようになれたらいいな〜〜



クラスの後・・

近くにすっごくケーキの美味しいカフェができたとのこと。
連れて行ってもらいました。

やっぱり、いいな・・
仲間たちが迎えてくれて、
まるで家に戻ってきたように落ち着く。

クラスの前にカフェで会ってくれたみよ子さん。
そして、クラスの後にも集まってくれた皆さん。
カフェで九星気学の鑑定をしてくれた清美さん。

本当にありがとう!

私、愛されているな〜って、心から思えた私。
とても幸せです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です