クライアントさんとの最高のセッションを求めて・・・
もっともっと、コーチングが上手になりたくて、
それにはスキルはもちろんだけど、人間性だと気がついて。

あらゆる角度から研究して、
磨いていたら、
あっという間に15年が経ちました。

でも、仕事に集中して極めるだけでは、視野が狭くなります。

『豊かな人生を・・』と謳っている私自身が、
豊かになるための時間・・・

それは、読書の時間であったり、
芸術を楽しむ時間。
また、自然の中にいること。

中でも、
大好きな人たちと楽しく語らいながら、美味しいお食事をいただく時間は、
総合芸術と言っても良いほど。
心身を潤してくれます。

時には、レストランのプロの味と、それをサポートするサービスも、
私を満たしてくれる。
その『在り方全て』が、
コーチとしての私の勉強にもなります。

 

 

また、一つ素敵な出会いがありました。

 

 

一晩明けても、しみじみと。
その余韻を楽しんでいます。

 

 

この2皿のアミューズの後に前菜・・・
なんと4時間もの間、お食事は続きました。

どのお皿にも、サプライズがあって滋味深く、
私は、気持ちよく満たされていきました。

また、お料理一つ一つのエピソードとストーリーを
マダムからお聞きするのも楽しく、
その味を研究し、継承しているシェフの在り方に、心から共感しました。

 

 

一夜明けて。
お土産にいただいたパン(これも、ただ美味しいだけじゃなくて、お料理に合わせて美味しく焼き上げたシェフのパン)を、
添え書きにあったように霧吹きで水をかけてからカリッと焼いて、美味しいコーヒーとともにいただいています。

ああ、
なんて心に、
しみるんだろう。

泣きながらパンを食べています。

だって、
だって。

パンを食べながら、わかってしまったんです。

なぜ、15年前、コーチングを知ったばかりだった私が、
無謀にも国際コーチ連盟のトップ、マスターコーチのタイトルを目指していたのかが!!

 

 

 

実は、
MCCに合格した瞬間は、嬉しかったけれど、
夢じゃないかと思ったけれど、
アセッサーのフィードバックには、
私のセッションに対する、良いところがたくさん書かれていたけれど、
それにはあまり興味がなかったんです。
良いところは、自覚していたからかもしれません。

でも、最後の方に書かれていた、『伸び幅に関するフィードバック』には、
震えるほど嬉しかった!

 

 

パンを食べながら、
浮かび上がってくる・・

15年前のあの時から、
私は一流ではなく、
超一流になりたかったんだという、ぼんやりとした思い。

コーチのトレーニングの場で、
「どんなコーチになりたいか?」と問われた時に、
いつも
「燻し銀のような、本物のコーチ」と答えていた私・・・


このレストランでも、17歳の時からフレンチに憧れて、
超一流に上り詰め、
今やその先に至ったシェフの円熟したお料理がありました。

残りの人生を考えた時に
本当に納得のいく仕事の仕方をと、
シェフとそれを支えるマダムが、ご夫婦でタグを組んで
ブレることなく実践されていたのです。

その姿。在り方。
言葉の全てが本物。
なんて、気持ちが良いのでしょう。

まさに、
私の夢の、またその先を生きておられる
モデルとの出会いでした。

お土産のパンとお料理は、
料理人としての長い旅の全てが色濃く入り、
エネルギーレベルで
私の魂を覚醒させたのです。

マスターコーチに合格したからこそ見えてきた、
1本の道。
それが今、照らされてきました。

 

🥀
🥀
🥀

なんて素敵なレストラン!
皆さんも行きたくなるかもしれません。

 

でも、ご夫婦でひっそりされているレストランです。
出し惜しみするわけじゃないけれど、
誰でもアクセスできるブログやFBに、
お店の名前を書くのは控えたいと思います。

このレストランの価値をわかっていただける方。

そして、私自身のこともよくご理解いただけている
メルマガの読者のみなさんに、
レストラン情報とお写真をアップしたいと思います。

もちろん、
この記事を読んでレストランに行きたくなった方は、
今から、メルマガ登録ウエルカム。

その時に、過去ログに少し目を通していただき、
私のことを知っていただけたら嬉しいです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です