今回は、HANAMIZUKI芸術フエスティバルの審査とヤマハ横浜店でのセルフコントロールのセミナーの仕事で帰国したのですが、まあ、なんと実り多い9日間だったのでしょう!

9日間の朝・昼・晩、いやそれの合間の時間も含めて、大切な人達との時間を過ごしていました。

3人のピアニストのクライアントさんの演奏会、ロンドン駐在の時の仲間たち、ロンドンカウンセリングコースの仲間たち、平沼高校の同級生、大好きなコーチ仲間、クライアントさん達、人間ドックと歯科検診と整体の先生方、お気に入りのレストランやホテルの人達!!!

両親をホテルに招待して海老カニ食べ放題の夕食後は、なんと母と大喧嘩!

以前だったら、飲みこんでいた言葉を思い切って、母に伝えてみました。

やっぱり受け取れなかったみたい・・・大爆発です。

でも、私的には、一歩前進。

「言って良かった、よくやった!」と、自分をほめたい気持ちです。

一方、父とは、また違った意味で衝撃の事実が・・・

「家族のルーツを知りたい」とハルカからの依頼で、父が手紙を書いてくれていました。

そっと手渡された手紙には、誰にも語ってこなかった82歳の父のルーツが綴られていました。

それを横浜駅の朝のスターバックスで読んだ私は、動揺して、朝から泣いてしまいました。

胸が愛で溢れていっぱいになって、でも、気持ちを切り替えて・・・

なんと言っても今日のセミナーのテーマはセルフ・コントロールなのです。

まさか、その日の朝、自分に必要になるとは思ってもみず、

セミナー会場に入るのがギリギリになってしまいました。

 

私の大好きな人たちは、みんな正直で愛がいっぱい。

私も自分の気持ちを精一杯お伝えしました。

「気持ちの花を咲かせましょう〜」

まるで、花咲爺さんみたいだな〜と思いながら、旅を続けます。

9日間。

それはそれは濃密な時間でした。

魔法の絨毯に乗って、出会った人たちの人生をぐるぐる廻って、そのままNYに戻った感じ・・・

その時、その時、かかわった人と深くつながることに夢中で、ブログもアップできず、写真もたった5枚しか撮れませんでした。

でも、今回は「今、ここを生きる」ことをテーマに過ごしたかったのです。

そんな中の貴重な写真の1枚目は、HANAMIZUKI芸術フェスティバルの松波知子先生。

5年前から私のクライアントさんでもあります。

2枚目は、両親と過ごした横浜のインターコンチネンタルの朝焼け。

金色に輝く光の道が窓のところまでまっすぐに伸びて、美しかったです。

そして、私のお菓子の先生、船所順子さんにお願いして、和菓子のプライベイトレッスン!

スタイリッシュな新しいお宅で、桜餅と苺大福と抹茶のロールケーキを習いました。

みんなの優しさと愛に包まれて、幸せを噛みしめています。

最後の日の夜は、芝井麻里コーチとお食事でした。

麻里コーチから素敵な名前をいただきましたよ!

「命の母A(青木)」

想い出を沢山語りたいけれど、今、NY戻ってきた私は、「今」に集中します。

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です