りえずむ塾・エリートコースを終えて

りえずむ塾を卒業して

「コーチングを勉強したい人やもっと自由に使えるようになりたい人のために、
オリジナルのメソッドを作ろうと思っているの」。

理恵さんとのセッションでのその一言に、心が躍り
「ぜひ受講したいです!!」と即答したシーンがまだ鮮明に残っていま
す。

開講を待ちわびて、多種多様の勉強熱心な仲間と出会い、
私の濃密な2年があっと言う間に過ぎ、無事卒業となりました。
ステキな時間を提供してくださった理恵さんと共に

学び未知の世界をいくつも教えてくれた仲間達に感謝しています。

子育ての悩みがきっかけで足を踏み入れたコーチングの世界は、

あるゆる場面で私に大きな喜びと希望を与えてくれました。
何度も迷走しながら、母としても指導者としてもブレない軸を作ることができた私が、

次にできることは何か、、、。

そう考えていた時に始まったりえずむ塾。

ベーシックコースは、自分の軸を作る時間でした。
既に学んだ要素もまた新鮮な気持ちで取り入れることができましたし、
自分を見つめる貴重な時間を持てたことも大変有意義だったと思いま
す。

アドバンスコースでは、興味のあったカウンセリングやセラピーの世界
を覗くことができました。
ここでの学びは、自分はもちろん家族や生徒、クライアントさんにも活かすことが出来ています。
そして、一番の手応えを感じたのがエリートコース、コーチング実践練習会モーニングクラスです。

これまで理恵さんのセッションだけを受け続けてきた私には、
他のプロコーチのアプローチや大事にされていることを学べる最高の機会でした。
そして、それは期待以上の学びと感動を得ることができました。

りえずむ塾の仲間は、皆さん勉強熱心。

皆さんから受ける刺激は、いつも好奇心旺盛な私の心を熱くしてくれました。
真剣さの中にも安心して参加出来るアットホームな雰囲気も継続できたポイントだと思います。
仲間がいるから頑張れる、
理恵さんやみんなに報告したい!
という気持ちが私の原動力でもありました。

私は、りえずむ塾のスタートと同時期に
子育てコーチとして講習会講師のデビューをしました。
それまでも、理恵さんには何度も背中を押してもらっていたのですが、
自信がなかったんです。

でも、不思議。
一歩踏み出す勇気をこのクラスで貰えたからでしょうか。
今の私は、以前の自分が想像もしなかったほど

講師としての活動を楽しんでいます。

この2年で、私は大きく変わることができたと思います。
もちろん順調ではありませんでしたが、一つ一つ乗り越える力や生み出
す力を感じることができたときは、本当に嬉しいものでした。

どんなときも、理恵さんが信頼して見守ってくれる
成長を喜んでくれる

そう思えるから、自分らしく自分のやりたいことを行動に移すことができました。

りえずむ塾を卒業したこれから、私は何が出来るのか、、、
やっぱりこんなテーマに行き着くのですが、

りえずむ塾で一皮剥けた私は、きっと2年前の私より笑顔で堂々と自分
の道を歩いて行けると信じています。

たくさんの人にりえずむ塾のエッセンスを存分に味わって欲しいなぁと
思います。

理恵さん、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

森本真紀子


りえずむ塾ベーシックから始め、アドバンス、エリートコースと進み、あっという間に2年経ちました。
この2年の間、夜のコーチング勉強会、そして理恵さんとのコーチングセッション、それはそれは濃くて学びの多い時間を理恵さんと一緒に過ごさせていただきました。

そもそも理恵さんのコーチングとの出会いは、夫婦間の問題がきっかけでした。この2年間、仕事のこと、子供のこと、紆余曲折ありましたが、結局最後にデモセッションのクライアント役でお願いしたテーマは夫婦のことでした。

相変わらず問題は抱えていますが、寄り道しながらも前向きに自分の人生を自分の足で歩いて来れたのは、1ヶ月に1回のコーチングセッションと月2回のりえずむ塾という学びの場があったからだと思います。
りえずむ塾という場に集まるだけあってみなさん勉強熱心。

それぞれ本当に個性豊かな方ばかりで、いろいろなお話を聞いて刺激になりますし、回数を重ねていくうちにとても親近感がわく所もりえずむ塾の魅力の1つだと思います。

3期続けて受講して1番良かったのはエリートコースです。つまりコーチング実践練習会モーニングクラスのことです。

6ヶ月のうちに理恵さんとは違ったスタイルの3人のコーチが4回ずつクラスを担当し、参加者もどんどんコーチングの練習していくというものでした。

実際にコーチでもない私が、エリートコース(コーチング実践練習会)に参加して一体何をしようというのか、という自問自答を何度も繰り返してギリギリに参加を決意しました。
恐る恐る参加してみると、理恵さんとはまた違うタイプのコーチに出会うことができ、そのコーチたちからコーチングで大事にしていること(エッセンス)を直接学ぶことができるのでとっても刺激的なものでした。

りえずむ塾に入ったばかりの頃は、自分の立ち位置もはっきりせず、ぐらついていた私でしたが、徐々に目標と方向性を見極め、それが本当に自分で納得行くものなのか考え抜き、今では自信を持って進むべき道が見えました。

振り返れば、今まで自信のなさと不安からいろいろなことに手を出してきましたが、
この2年間で自分に必要なものと必要ないものがようやく見えてきました。
もう回り道をしてエネルギーを無駄遣いすることなく、自分の進みたい方向に力を注げそうです。
2週間に一度、90分のクラスで立ち止まって考える事が、その後の2週間を変えるきっかけとなり、そしてその積み重ねで2年前の私とは大きく変わった自分に私自身が驚いています。

このたびエリートコースの終了で卒業とさせて頂きますが、
りえずむ塾で縁あっていっそに学んだ仲間をこれからも大切にしたいと思っています。

そして、一言では言い尽くせませんが、私のことを1番応援してくださった理恵さんに心から感謝申し上げます。

池田由紀子


りえさん、長かったね。

ここまでとても遠いような近いような そんな感じがしてます。

思えば2年前、個人セッションを お願いしたときに 「りえずむ塾といってグループでの学びがあるんだけど体験に来てみない?」と言っていただいたのが始まりでした。

私はその頃、薬剤師になりたてで 何もかもうまくいかず 心も体もすごく疲弊していました。

そしてそんなときに福岡から地元鹿児島に帰ってくることを決めました。

「もうこんな思いを自分にさせたくない。」

そして「履歴書がいらない世界を自分で創る」 とボロボロ泣きながら自分に誓って鹿児島に帰ってきたことをよく覚えています。

鹿児島に帰ってきてからは漠然と 「自分の好きなことをして生きていきたいけれど どうしたらいいんだろう?」と思っていました。

誰かから答えをもらうのは簡単。けれど私は考える力が弱いから考える力をつけたい!!

そうだ!「コーチング」というのがあるらしい!

でも誰にコーチをお願いしよう? と悩んでいたときに 同じ心理セラピーを学んだところから 理恵さんを見つけました。

写真や文章にある誠実で正直な思いは まだ会ったことなかった私にもしっかりと 伝わってきました。

最終的に決めたのは 「こんな素晴らしい人なら騙されてもいい!」と思ったから。笑

りえずむ塾で歩みをすすめていくうちに ムクムクとお腹の底から自分でも驚くぐらいの思いが出てきたのです。

それは「人間的に成長したい」「まだ見ぬ自分と出会いたい」というものでした。 この2年間で仲間と一緒に歩みを進め、 自分を見つめ探求し、本当に素晴らしい旅をさせていただきました。

そしてその旅は私の魂に残りこれから何世代にもわたって受け継がれていくと思います。 そしてあまりにも未熟だった私は りえさんと仲間に育てていただき 今度は私が人生の夜明け前にいる人たちの 力になりたいと思いShiori Pharmacyを 立ち上げました。

心と体を見つめる場そして、ととのえていく場。

そんな方たちと一緒に人生に寄り添っていけること、この上ない喜びです。

りえさん、人生って時にとても過酷で残酷。 自分でも予想しなかったことがたくさん起こります。この先、辛いこともおきるでしょう。

涙が枯れるぐらい泣くことだってあるでしょう。

けれど私は、何があったとしても自分の力で人生を切り拓いていける気がするんです。そんな力を取り戻すことができました。

りえずむ塾は私の人生の土台になる2年間でした。

本当にありがとうございました。

いつも愛溢れる場にしてくれたりえさん、 一緒に見守ってくれた仲間には感謝しても しきれないです。

そしてこの先りえさんからの教えをもとに たくさんの方の力になっていきたいです。

高城志織


理恵さん

りえずむ塾での2年間、本当にありがとうございました。

コーチングを学んでみたい。

そんな思いが出てきた頃、zoomの画面越しで理恵さんとお話をさせて頂いてコーチングを学ぶなら理恵さんのところで学びたいと思いました。

理恵さんは、私の憧れなんです。

いつも、温かく軽やかで、素敵な理恵さんはお話をするだけで、安心できる空気に包まれます。

りえずむ塾も、いつもそんな安心できる雰囲気がありました。

その中で、内側から自分が変化して力がついていく感じがします。
それも、とても自然な形でです。

最後のエリートコースに進む時、実は参加を迷いました。

私は話すことが苦手だったので、いよいよの実践が怖くなったからです。

でも、理恵さんとのクラスなら、挑戦してみようと参加を決めました。

今では、本当に最後のコースまで進んで仲間と一緒に卒業することが出来て、本当に良かったと思います。

温かな雰囲気の中で実践を重ねることで、私らしさも感じることが出来たし、そのことを活かして私を必要としてくれる方のお役に立ちたいと思うようになりました。

理恵さん
いつも、温かく見守って頂きまして本当にありがとうございます。

白石和歌子


理恵さん

2年前の体験セッションで、初めてお会いした時のことを今でもよく覚えています。会社を辞めた後、「自分がなにをしたらいいのか?」「どうしたらいいのか?」気持ちばかりが焦り、朝起きた時から気分的に辛く、仕事をしていない=何もしていないという思いも強く、家にいても落ち着いて過ごすことができず、何よりも自分を認めてあげることが出来ない、そんな状況だったので、理恵さんの優しく包み込んでくれるような声を聞いただけで涙が溢れてきました。
その後、私の話を全て受け止めてくれ、「麻美さんなら大丈夫だから」という力強い言葉で、りえずむ塾で学んでみようかなと思いました。

誰にも話せなかったことを何も否定されることなく聞いてもらえた安心感で、それまで昼寝すらできなかったのに、大泣きしてスッキリしたのか、セッション終了後は2時間も昼寝できたことが今ではいい思い出です(笑)

それから月2回のグループセッションと、月1回の個人セッションが私の楽しみになりました。住んでいる場所、職業、年代が異なるメンバーは、人生の質を高める中、自分と向き合うため、自分の意志で学びにきているエネルギーの高い場で、共に学べたこと、セッションを提供してくださった理恵さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
りえずむ塾で学んでいる最中、「きちんと身についているのかな?」「きちんと学べているのかな?」と不安になったこともありますが、日常の些細な出来事で、「私変わった!!」と気づくことができました。

今までの私は何か起こると「私が悪かったのかな」と自分を責めてしまう癖があったのですが、出来事を客観的に捉え、相手の感情は相手のものと捉えられるようになり、自分を責めることがなくなりました。りえずむ塾での学びは、「気がついたらいつの間に」身についていて、漢方薬みたいです。

この2年間は、本当にあっという間で楽しかったので「学んだ」という感覚はあまりありませんが、この先の人生をより豊かに生きるための土台作りがしっかり行えたと思っています。

ここで終わりではなくむしろ「これから」ですよね!
今後も継続して学び続けることによって、どのようなものが積み上がっていくのかとても楽しみです!

「私は200%麻美さんの味方だからね!!」この理恵さんの言葉を励みに、新しいことにチャレンジし、一歩でも前に進みます。
自分の人生にワクワクしてきました!!
理恵さんに出会えてよかった!!
ありがとうございます。

2020年1月22日 藤原麻美


りえずむ卒業メッセージ

思えば私らしい私、なりたい私を見つける為に準備されたこれまでの2年間でした。生きるに必要なチカラを蓄えていた時間と振り返っています。

例えて言うならば、私は水槽の中でブランドスーツ、パンプスを履いて季節を味わう事も朝日も星空も目に入らず、それでも周囲の期待に応える満足感でいっぱいでした。

そんな時りえさんと出逢い、水槽の中だけだった私の世界、生きる時間がどんどん広がってきたら息苦しくなった私。

水槽ではもう息苦しいと気付いたんです。

2年間のりえずむで自然に水槽から出ても、スーツを着てなくてもなりたい自分を目指す力がついてました。

そしてりえさんはじめりえずむの仲間が私にとっては安心安全な空間となり大事な生ききるパートナー、神様からのギフトだと思っています。