Riezm Academy

お稽古ごと

20代の頃、江戸懐石近茶流を習いに行っていました。

生きている穴子に目打ちをして、さばけるほどにまでなったけれど、

香港に転勤になって、

張り切って作っても、

全くと言ってもいいほど、美味しくなーい!

食材や調味料が微妙に違った・・・

ということもありますが、

同じように作れば作るほど、美味しくなかったからなんです。

次第に、作らずになっていきました。

 

先生も海外で作ることを想定していなかったのか、

さじ加減ひとつでも厳密で、

自分で確かめて加減するのは、

タブーだったんです。

 

すっかり遠ざかっていた日本料理。

自己流の主婦レベルになってしまっていたけれど、

夫まろっちがお茶をすることもあって、

30年ぶりに復活しました。

 

出会った先生は「温石会」を主宰され、日本酒・焼酎ナビゲーターの入江亮子先生です。

季節にあったシンプルな素材を活かすには、

すべて決まりがあり、タイミング勝負!

先生に嘆かれ、

怒られつつ、

引き上げていただく楽しさよ。

 

2月の献立は、

蟹の擦り流し、

八寸として、黒豆と青大豆のひたし・鰯煮・梅花人参・ふきのとう田楽・菜花の海苔山椒和え・

菜飯

鶏の黒酢煮 焼き野菜添え

お稽古ごと  お稽古ごと  お稽古ごと  お稽古ごと

 

そして、熱々の酒饅頭

お稽古ごと

 

こんなに美味しいものが自分で作れるなんて、

本当に嬉しい!

 

そして、生徒に力がつくと信じて、

ビシバシ鍛えてくださる入江先生にも感謝!

ただレシピに忠実なだけじゃなく、

 

手抜きした指導では、

その場では楽しくても、

何の役にも立ちませんからね!

 

嫌われてもいい。

タイミングを逃さず、

気がついたことをすべて伝える。

正統派の指導。

 

4月からスタートする「りえずむ塾」も

その精神でいきます。

本気で人生を変えて行きたい方とのご縁を願っています。

 

と言う訳で、

みなさん、りえずむ塾のめるまがを取ってくださっていますか?

クラスの最新情報は、すべてめるまがから発信しています。

水曜日と土曜日のお昼にお手元に届きます。

きっと,読むだけでも気持ちよくお過ごしいただけるんじゃないかな〜

ブログの最新記事4件