あったか話

あったか話 ブログ

mixiのお友達の日記から知ったお話を私もある人にお伝えしたくって、許可をもらってきました。
きっかけをくださった素子さん、ありがとう!

ある人のお子さんは、お友達や先生とのコミュニケーションでとても辛い立場に立たされています。
このお話を知って、世の中もそう捨てたもんじゃないな〜と、ちょっとでも心が温まることを願ってプレゼントさせてくださいね。

あったか話 「過去のよいおこない」を語る儀式

「ゆるすということ」
(ジェラルド・G・ジャンポルスキー著者)の
本の中に、ゆるしについての素敵なエピソードがあったので
少しだけご紹介させていただきますね。

南アフリカのバベンバ族では、部族の誰かが
不正をはたらいたり、無責任な行動をとったとき
村の真ん中にひとりで座らなければならず、
村人はみんな仕事をやめ、集まって輪になり
その人を囲むのだそうです。

そして子供も含めたひとりひとりが
その輪の中の人の長所、善行、親切な行為、過去にした
よいことについて話し始め、
その人について思い出せることすべてを
詳しく語るそうです。

村人たちはこれ以上ない誠実さと愛を込めて話し、
誇張もでっちあげもなく、不誠実な態度や皮肉な態度を
とる人もいません。

その人を共同体のメンバーとしていかに尊敬しているか
村人全員が話し終えるまでこの儀式は続き、
それは数日間に及ぶこともあるそうです。

そして最後に輪が崩されると、その人を再び
部族に迎え入れるお祝いが始まるのだそうです。

輪の真ん中にいる人も 輪になって囲む人々も、
それぞれ、ゆるすことによって
過去や怖れに満ちた未来を手放せるのだと思い出し、
輪の中心の人も悪人というレッテルを貼られて
追放されたりはしません。

その代わり一人一人が自分の中にある愛を思い出し
周りのすべての人と一体になるそうです。

なんとも素敵なお話ですよね。
この村には、争うという概念がないのかもしれませんね^

あったか話 せめて、家庭の中からバベンバ族を見習おうではないか!と私は思います。
なによりも、こんなに暖かい村が地球上に存在している事実が素晴らしい!
想像しただけでも幸せになりました。

この投稿をシェア!

9 件のコメント

  • すばらしい!
    目からうろこです。

    子供がいけない事をした時、ついつい批判ばかりしてしまう自分を反省。これからはこの儀式を見習います。

    すばらしい話をありがとうございました。

  • すばらしい!
    本当にいいお話ですね。世界中の少しでも多くの人にこのお話を聞かせてあげたいです。私もアメリカのショッピングモールの駐車場で、下の子が、走っていって車の前に飛び出して車が急停車してしまったことがありました。モールの駐車場なので、スピードは出ていなかったんですが、急停車した運転手の男性は、車を止めて、車から降りると子供の手を引いて私のところまでつれてきてくれて「無事でよかったね♪」と優しく言って車に乗って行ってしまいました。後続の車もその間じっと止まって待っていてくれていました(クラクションも鳴らさずに)恥ずかしかったけど、とっても感動してしまいました。普通だったら怒鳴られちゃうと思ったもので。。。怒鳴られるよりよっぽど反省しちゃいました。

  • Unknown

    AKEさん。なかなか出来る話じゃないですよ〜
    ゆとりのある立派な方と出会えたのですね。
    私も感動しちゃいました!

    私も友人から聴いたお話を1つ。

    友人が、ウィーンの町角で、言うことを聞かない息子に手こずって「もう、ママの話が聴けないならこんなお耳はいらないッ!」って日本語で叫んじゃったそうです。

    先を歩いていた人がくるっと振り返り、すたすたと戻ってきてひざまずいてやさしく話しかけてくれたそうです。

    「おじさんは、音楽のお仕事しているんだ。
    大事な大事な耳を粗末にしちゃいけないよ。
    ママの言うことをよく、聞くんだ」

    思わずコックリ頷く素直な息子。
    ママ、感動。。。
    だって、そのおじさんは、小澤征爾さんだったんですもの。

    それどころか「君、どこ行くの?」と言ってさがしていたレストランまで案内してくださったそうです。
    みっともなくって恥ずかしくって穴に入りたかったママ。感動。。。

    大きな懐を持つ人になりたいと思います。

  • いいお話ですね〜
    しかし。。。 『音楽のお仕事』とはいえ、まさか小澤征爾さんとは! 。。。絶句してしまいました! ドキドキ。。。

  • 小澤征爾さん
    小澤さんのエピソードを書いたのは私でした!
    ちなみにそのママ、かなりの美人です。

    小澤征爾さん。タングルウッドでのコンサートのリハーサルで、一生懸命、楽しそうに振っているのを見てびっくりしたことがあります。
    こんなにエネルギー使ちゃって、本番大丈夫?

    でも、盛り上がったオーケストラ、合唱団。とってもいい雰囲気になって笑顔がいっぱいです。
    これなら本番も期待できそう。。。

    さすが、小澤さん。ムード作りの天才です!

    思わずゴルフのカートに乗り込む小澤さんに「楽しみにしています!」って手を差し出しました。
    小澤さんたら握手しながら「あなた。誰だっけ?」
    ・・・・すごく困りましたが名乗りました。
    もう!小澤さんったら、私のこと知ってるわけないでしょ!
    私は、ただの日本人なんだから。

    でも、心にぐっと入り込む、魅力にノックアウトされたのは言うまでもありません。
    早く、お元気になって欲しいです。

  • 小澤征爾さん
    すごい!握手だけでなくお話したこともあるんですね。すごい、すごい! 
    小澤征爾さん も、音楽だけでなくお人柄もユニークで素敵な方なんですね(当たり前なんだろうけど・・・)
    青木さんも、こんな素敵なエピソードがあってうらやましいですぅ♪いつも輝いていらっしゃるので青木さんの『素敵オーラ』に小澤征爾さん も「あれ?お知り合いかな?」と思われたのでは?

  • 明美さん、ありがとう!
    アメリカのお話、どなたからかな〜と思っていました。明美さんだったのですね!
    嬉しいです。

    ブログ、読んでくださってありがとうございます。
    また、みんなで集まりたいですね。

  • ごめんなさい
    はじめて投稿する時、みなさんニックネームだったので、迷ったのですが「こういうのって、ニックネームを使うものなのかな?」と思っていつも使っている Ake. で投稿させていただいてました。ブログいつも感動して拝見させていただいてます。ありがとう♪ とても勉強になります。今回のご帰国でお会いできるとうれしいのですけど。。。(すごい過密なのでびっくりしてます・・・)

  • コメントを残す