こころの窓を開けていますか?ワインのエピソード

こころの窓を開けていますか?ワインのエピソード ブログ

 

こころの窓を開け放ちそよ風を入れることを知って、練習を積んできました。

いつも間にか、少しずつ身についてきたようで、このところ、イライラしたり、悲しくなったり、不機嫌になることが全くと言っていいほどなくなってきました。

 

今日は、昨夜の出来事をブログに記しておきたいと思います。

 

昨夜は、夫の大学時代の同級生、坂元の黒酢の社長の坂元さんが出張で来られ、近所のジャズクラブに行くことになりました。

粋な女性シンガーの歌を楽しんでいたら、隣の席に座ろうとした女性が、夫のワイングラスを倒してしまいました。

ワインは、テーブルクロスを濡らし、夫の背広、ズボン、傘まで赤く染めて行きます。

彼女は、ちらっと目を走らせたのに、謝りもせず、まるで何事もなかったかのように、無表情で座り続けます。

しばらくたっても何もない彼女に向かって、ついに夫が「ちょっと〜!!」と大きめな日本語で独り言。

あれ?気がついていないの?と思った私は、彼女にExcuse meと言ったのですが、反応なし。

お店の人が何人も来てくれて、拭いてくれたりして、ちょっとした騒ぎになりました。

夫は席を立ったまま、なかなか帰って来ません。

石のような表情でビールを飲み続ける彼女と、やはり目をそらしている相方の男性を見ているうちに、

きっと彼女の頭の中は、「テーブルの幅が狭いからお店が悪い」とか「ワインを端に置いたあの日本人が悪い」「○○のせいで、急がされたから」とか、<私は悪くない>コールで一杯なんだろうな〜と思えてきました。

せっかくの夜(たぶんデ-ト?)なのに会話もなく、私は悪くないとアピールし続ける彼女。

かたくななまでの態度を見ているうちに、ハッと気が付きました。

この人には良心がある!

ちゃんと、良心の呵責があるんだ。

自分が悪いことを知っているから、楽しめないんだ・・・・

本当に自分のせいじゃなければ、気にせず、堂々と楽しめるはずです。

その瞬間、私はハートを全開にして、「大丈夫。怒っていないよ。どうぞ、一緒に楽しみましょう」というメッセージを送り続けました。

「お店からの気持ち」で、運ばれてきたもう1本のワインを、

もういいじゃないの。ほらほら、おかげでワインが来たよ!ラッキ〜。さあ、一緒に飲みましょう!

そんなことを言っている自分を想像してクスリと笑いながら、音楽も食事も楽しんでいる私がいました。

そんな私につられたのか、夫も機嫌を直し、楽しんでいる様子。

坂元さんは、もともとおおらかな人なので、全然OKです。

 

私は、会計を済ませて席を立つ時に夫に言いました。

「お父さん。もう、許してあげてね。一声かけてあげてね」と。

私自身も、まずは男の人に、「どうぞ気にしないで」と言って、肩をポンポンと叩きました。

おろおろと、謝る彼。

そして、女の人にも笑顔で、「大丈夫だから、どうぞ夜を楽しんで!」と言ってみました。

彼女は胸に手を当てて、「本当にごめんなさい」と言ってくれました。  

(やっと、やっと言えたんだね)

夫も「もう大丈夫。ワインの香りのするディナーを楽しんだよ。素敵な夜を!」という、なんとも微妙なイギリスチックなジョークを笑顔で言いました。

その瞬間!

彼女のこぼれる様な美しい笑顔

「ごめんなさい」

許し、許される瞬間でした。

一般的にワインをこぼされた方は、被害者でしょう?

たとえ被害者だったとしても、心を開いて、加害者になってしまった人の良心にアクセスしたら、本当の気持ちが見えて来るんですね。

被害者は、こころの持ち方一つで、加害者よりもずっとずと幸せになれるんだとわかりました。

どんなことがあっても、自分が間違った、相手が間違えたと責め立てたり、自分の価値観でこころを固まらせてしまっていたら、窓はあきません。

苦しいだけです。

そよ風が入ってくれば、すべては解決するのですね!

 

写真は、ジャズクラブから戻って自宅でくつろぐ私たち。

夫の笑顔が晴れ晴れしていますネ〜

後は、ユニオンスクエア近くの家庭的なレストランの暖炉とツリーの写真。とても可愛かったので・・・

 

 

 

 

 

この投稿をシェア!

10 件のコメント

  • Unknown
    ワインの薫る、すてきなエピソードでした。

    お店からのワインのサービスも粋ですよね〜♪

    爽やかなそよ風を送る側になれるよう、私も心掛けよう!

    今、まさに試練の真っ最中( ̄∇ ̄*)ゞ

  • Unknown
    >ゆみこさん

    そうですよね!
    心が曇っていたら、お店からのワインのサービスも嬉しくない。
    こんなことで済ませようったって、済ませるものじゃない。な〜んて、睨んじゃったりして。いつも心をピカピカにしておきたいですよね〜

  • 感動しました〜
    ディケンズのクリスマスキャロルの一話のように、感動して涙でそうになりました。ありがとうございました。

  • Unknown
    >misaさん

    ようこそ、いらっしゃいませ〜。
    私自身が1番驚いています。
    今までは、本人以上に腹を立てていました。

    バカにしている。
    なんてこと!
    信じられないって。

    でも、その人の心の奥底にチャンネルを合わせると、いろいろ見えてくることがわかりました。

    まだまだですけれど、チャンネルの合わせ方を磨いて行きたいと思います。

  • Unknown
    先生〜何だかこれを読んでいたら、じわーっと涙が出てきました。先生と青木パパ、本当に素敵なお二人で・・シェアして下さってありがとうございました。日本のどこかでお会いできることがあることを願って。素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ!

  • Unknown
    >ユキノちゃん

    ありがとう!
    ユキノちゃんの活躍は、いつもブログで拝見しています。
    人の心と心を言葉なくしてつなげるピアニストというお仕事。
    とても奥が深いですね。
    どうぞ、ますます輝いてくださいね〜!

  • 通名を使う在日朝鮮人
    野田清美先生のお教室に、在日朝鮮人が来ていました。はじめ、彼女は通名(日本名前)を使っていたので、日本人と思っていたら後で在日朝鮮人だと言っていました。
    それに、例の在日朝鮮学校に通っていたと。。ひえー!怖い!
    野田先生は、韓国料理や韓国料理の先生や生徒ととても親しいようなので、野田先生も日本に帰化した在日韓国人?それとも帰化していないのかしら?

    理恵先生は、野田先生の妹さんとロンドンでお会いになったとか?理恵先生も在日韓国(朝鮮人)の方?

    この在日朝鮮人の生徒さんは、奈津子先生のところにも来ていて、とても仲よさそうでした。
    もしかして、奈津子先生も?

    ニューヨークは、在日の人が多いです。彼らは通名(日本名)と韓国名を両方つかうので、日本人と間違えます。在日の彼女は、良い人たちですが、彼女たちの周りや親戚などが、もしかして反日在日人だっつたら怖いし、韓国人、朝鮮人だとかかわりたくないです。

    なので、私は、野田先生の教室を辞めました。
    理恵先生もご主人の立場とかあるので、お気をつけくださいませ。

  • Unknown
    >やまとなでしこさん

    お考えやご意見を私のブログに発表される場合は、本名でお願いいたします。

    ハンドルネームでは、お受けできませんのでよろしくお願いいたします。

  • 素敵で恰好いいです(^O^)
    ブログ記事といい、コメントに対するお返事といいとても参考になりました。
    なかなか青木先生のようにはいきませんが、ちょっとづつ見習っていきたいと思います。

  • Unknown
    >さくららさん

    どうもありがとうございます。

    どんな時も、愛をベースにお返事が書けるようになりたいと思っています。

    そして、どんな時も率直でありたいと願っています。

    そして、出来るだけ多くの人の言葉の奥底にある本当の気持ちにつながりたいと思うのです。

    学びの機会をくださった方すべてに感謝!

    まだまだ未熟な私ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す