アッパーウエストの公文の教室に通い始めました。

アッパーウエストの公文の教室に通い始めました。 ブログ

アッパーウエストの公文の教室に通い始めました。

NYに来てから、どうやって英語となじもうかと、思考錯誤してきました。

マンハッタンに住んで生活するだけなら、スーパーマーケットもあるし、特に今の状態でも困りません。

でも将来、海外生活の長いハルカが国際結婚したら・・・・?

ハルカの旦那さまやその家族と気後れせずに楽しく会話したいと思うのです。

私の憧れは、我ブログにも、時々登場しているファルファルさんと真奈子さんご夫妻。

色々な国のお友だちをご自宅にご招待し、ドイツに嫁がれたお嬢さんご家族やお孫さんとも自然に楽しく過ごされている!

お客様をお呼びしても、お台所に引っ込んでお料理を作るだけでなく、自分も会話に参加できたらステキです。

もちろん、せっかくアメリカに居るのですから、いつかは、ICFのコーチ大会やNYのコーチの勉強会に参加してみたい。

でも、専門用語も多いし、ちょっとまだ早いかな・・という気がして。

 

そこで、突然ですが、思い出したのが公文です。

公文には、ハルカの香港の幼稚園時代とアメリカに来てからの数年、通っていました。

お買い物をしながら、終わるのを待っていた私でしたが、

シマッタ!最初から私も一緒に勉強しておけばよかった・・

と気づいた頃には、既にハルカはアメリカ小学校3年生になっており、

追いつけないほどのレベルになっていたのでした。

その時は、なんとなくあきらめてしまったけど、もったいなかったな〜と残念な気持ちが残っています。

 

さらに思い出したのは、北鎌倉でピアノを教えていた時、公文で楽しそうにドイツ語を習っていらっしゃった大人の生徒さんのこと。

「ドイツに旅行に行った時に少しでもわかりたいので」と知的な瞳を輝かせていたっけ。

ほぅ、そういう勉強の仕方もあるのか。大人の公文もあるんだな〜と感心したものでした。

 

そこで調べて見たら、なんと我が家から徒歩2分のところに公文のお教室を発見。

先生には、初歩のレベルからやってみたい旨をお話ししました。

でも、入門テストをしてみたら、

お願いしなくても、初歩レベル。

なんだよ〜。日本人は話せないけど、レベルが高いって言うけど、私は例外?

ふっと肩の力が抜けました。

 

初歩レベルといえども、知らない単語がぽつぽつありました。

例えば、

sty  豚小屋

wern ミソサザイ 雀のような小鳥だと思います。

 

実は、私が公文に通うと言った時に、「もっとお母さんに合ったレベルで、知的な勉強の仕方があるだろう。オレだって仕事をしながら力をつけたんだ。興味のあることを中心に学んだ方がいいだろ」と、なぜだかむっとした夫でした。

「じゃあ、家庭教師をつけるって訳?チューターは、高いんだよ〜。私にはもったいないッ」

とプッとふくれながらも、こっそり好きな料理教室に入ったら英語はレベルアップするだろうかと思って考えてみました。

お料理教室やピアノのレッスンで使う英語は、楽しみにはなると思うけど限られているし、一般的な力はつくかな?

 

そんな中、心から応援して励ましてくれたのはハルカでした。

「公文はすごくいいと思う。お母さんのペーパーの宿題、見せて?答え、教えないから」

大丈夫だよ、その位出来るよッと思いつつ、

やっぱり娘は、かわいいことを言ってくれるな〜と癒されます。

 

さてさて、お料理を作る間に公文のペーパーをやりながら、夫にテストしてみました。

styってな〜んだ?

wernッて知ってる?

 

ん?何々?知らないよ!

無邪気に言う夫に心の中でニヤリとする私。

 

 

ラッキーなことに、私は子供たちが来る前の早い時間帯に来てもいいことになりました。

さらに、キーシャ先生の個人レッスンで、発音をチェックしていただけることにもなりました。

 

さあ、幼稚園生になって、アメリカの公文をスタートさせます。

1年後には、何年生になれるかな?

 

 

 

この投稿をシェア!

9 件のコメント

  • よいアイディア
    公文というと小学生のイメージですが、固定観念にとらわれずにご自分にあった方法を見つけた理恵さんに拍手!

    確かに、ネイティブの子供がよく使う言葉が身につきそうですね。仕事や趣味から学ぶのもいいけれど、偏ったボキャブラリーになりそうですもの。

    公文なら、英語を話すお孫さんができても、会話バッチリだわ。

    頑張って!

  • いいですね〜♪
    やはりお勉強ってわくわくするものですよね。

    ワタシFP3級合格しましたが「2級どうします?」とすぐに先生からお電話がww

    PS豚小屋もみそさざいも初耳!でした。

  • いいですね〜♪
    やはりお勉強ってわくわくするものですよね。

    ワタシFP3級合格しましたが「2級どうします?」とすぐに先生からお電話がww

    PS豚小屋もみそさざいも初耳!でした。

  • 祝 
    わーい、理恵先生とうとう始められたのですね。(祝)

    理恵先生、ご家族のライフスタイルなどに絡めた長期的展望にたって、という語学学習プランもありだと思います。でも必要に迫られる形をとった方が、さらに早く身につきますよ^^。
    公文で勉強しながら、外国人ばっかりの料理教室に通うとか絶対的に英語必須の国際的なセミナーや勉強の場に、思い切って身を置いちゃうってのはどうですか?笑
    まだ早いですか?
    もうこりゃどうしたって現場で身につけざるを得ない!というハチマキしーの、フンドシしめーの、という逆境的状況?(笑)を作り出した方が脳がフル稼働して身につくスピードがさらに格段にアップしますよ。
    荒療治ではありますけども。笑

    システムがよくできている公文スタイルは、無理がなく素晴らしいと思います。
    英語学習が「苦悶」にならないように、楽しみながら続けてくださいね〜。

  • Unknown
    >Tonokoさん

    ありがとう!

    公文=子供の教室ってイメージありますよね。
    夫の頭にもそんな固定観念があったんだと思います。
    でも、子供と同じだと思うと楽しみが増えそう!

  • Unknown
    >キャピー♪さん

    すごいなあ!次は2級!
    私もがんばります。
    一緒に励みましょう。

  • Unknown
    >mihonoさん

    苦悶にならないよう、うまくマネジメントできたらいいなあ。

    9月にロンドン、10月は帰国してセミナー。この2つを終えたら、もう少し英語の勉強のことも考えられそうです。
    それまでは、ローギアで行きます。

  • Unknown
    以前の経験・記憶からつなげていいアイディアだと思います。本当に私までいつも大きなヒントをいただいています。ありがとうございます。

  • Unknown
    >Marikoさん

    毎日30分宿題をやって、週3回の個人レッスンで150ドル。
    悪くないでしょ?

    テレビは見ないのですが、ジムで走りながらお料理番組を見たり、TEDを見るのは好きです。

    これに地域の方に入れていただき、ボランティアをしようと思っています。
    おしゃべりが1番かな?と思っています。

  • コメントを残す