グッケンハイム美術館

グッケンハイム美術館 ブログ

 

サンクスギビングの休暇でハルカが大学から戻ってきました。

一緒にジムに行ったり、冬のコートを買いに行ったり、カフェでおしゃべりしたり、毎日大忙し!

今日はグッゲンハイム美術館へ行ってきました。

フランク・ロイド建築、おなじみの白いカタツムリのようなデザインの美術館です。

私たちは、ヴェネッィアのペギー・グッケンハイム美術館の方を先に訪れて大いに感動したのだけど、

今回は本家の美術館ということで、楽しみに出かけました。

 

昨日、今日と2日けてお天気が悪く雨模様。

まずは、ロイドという名前のお洒落な美術館内のカフェでランチ。

味付けも良く、とても美味しかった!

ゆっくりと落ち着いて、美術鑑賞タイムです。

ハルカが見たかったのは、マウリッツオ・カテランの作品です。

今回の展示で引退表明しているという彼の作品は、馬や動物の剥製を使った作品を吹き抜けの天井からモビールのようにつるした巨大なものでした。

すこし滑稽で物悲しく、何とも言えない気持ちになりつつ、かたつむりのスロープを下りてきたら、目がぐるぐると回ってしまいました。

外には、早くもクリスマスツリーが売られて始めました。

ホリデーパーティ目白押し。

一日の起きている時間が4時間ぐらいしかないように感じられるほど、どんどん時間が経って行きます。

美味しいお料理を沢山作ってお客様をお招きしましょう。

う〜ん!頑張らなくっちゃ!