グレゴリー・ソコロフ リサイタル

グレゴリー・ソコロフ リサイタル ブログ

グレゴリー・ソコロフ リサイタル
Barbican Hallで行われたソコロフのコンサートに行ってきました。
NYで彼の演奏と出会って以来、私の1番尊敬するピアニストとなった人です。
ここロンドンでコンサートが開かれる事を知って、真っ先にチケットを買いました。

演奏曲目
Bach French Suite No3 in B minor,BWV 814
Bethoven Sonata in D minor Op 31,No.2
Schmann Sonata in F sharp moinor, Op.11

ああ、もう言葉が出ないくらい凄い演奏でした。
魂が抜かれてしまっている。

彼の演奏は、五感を呼び起こすといったら良いのでしょうか。
前回のコンサートでもそうでしたが、薄暗い中で弾くソコロフの後ろに絵が浮かび上がるのです。

本当に不思議。
それどころか、バロックの曲の時は教会の匂いが、ベートーヴェンの3楽章では、
波間にゆれる海ホウズキになったような感覚を体験しました。

演奏を聴きながら、ああ、もう1度生まれ変わってソコロフのように自分と向き合って深く生きて生きたい。とか、自分はなんて未熟な人間なんだ。と感じてしまい、打ちのめされそうになります。
でも、邪念を振り払って、全身で彼の演奏を受け止め、体中に取り込みました。

休憩時間に出会った友人も皆、目が浮いています。
ホント。
彼は魔法使いかしらん?

本当に優しい丸い目をした暖かい人なのに、ステージではとても気難しく見えます。
楽屋に花束ひとつないのが素敵でした。
・・・そんなもの、いらない。

「他の人の演奏、聴くのが嫌になっちゃいそうだよ」夫が呟きました。

「本当だ。もう1回聴けるなら、1年分のコンサートと交換してもいい!」

あ〜でも。駄目駄目。
1年ぐらい味わっていられるほどの濃い演奏。
素晴らしい夜をありがとう。。。

皆様にもプレゼント
ソコロフのライブ演奏

こちらでも!

DVDパリの録音   

この投稿をシェア!

9 件のコメント

  • 聴きました。
    一曲、そちらから飛んで聴かせていただき
    思わず全曲聴いてしまいました。

    すばらしいですね。
    録音なのに、今日の疲れが全部飛びました。

    詩的で、暖かく、輝きのある音。
    深い情感と癒し、知性・・・

    私も彼のコンサートに行きたくなりました。

  • 嬉しい!
    素子さんと共感できて、ものすごく嬉しいです。
    今日もまだ大きな感動に包まれています。。

  • 同感
    GRIGORY SOKOLOV この名、記憶にとどめて、日本に来たら、かならず聴きに行きます。

    パソコンに接続の普通のスピーカーで聴いていてもウットリさせられました。

  • それが。。。
    ヨーロッパでしか活動されていないんですって。
    私のピアノの先生、イレーナ・ロスマンがNYにソコロフを呼んでコンサートをした時に言っていました。「異例のことなんだ!」って。「体の弱い彼は、日本には行けないよ」

    ・・そんな〜

    だから。だからロンドンで見かけて飛びついちゃったんで〜す。
    でもCDもDVDも出ています。

    もちろん全部持っています。
    なんと、全部ライブ録音。
    ライブCDしか出さないそうで、そういうこだわりも好き・・・・

  • 残念
    彼のコンサートのレポートなど見ると、皆外国なので???だったのですが、そうなのですか。CDで我慢我慢ですね。DVDがよいかな。先ず買うならこの一枚ってありますか。

  • なつかしい。。。
    ソコロフといえば、高校に入学して初めて友人同士で聴きに行ったコンサートでした。上野の文化会館で、チャイコの1番だったかな。写真に面影が残っています〜

    日本ではさっぱりコンサートも無いので、ちょっと忘れていましたが、ヨーロッパではご活躍なんですね。CDを買ってみます〜

  • おすすめ・・
    すべてお勧めなのですが、今、ショパンのソナタの2番と12のエチュードを聴きながら書いています。

    す、す、すごすぎる〜〜〜〜

    なおびさま

    リピートかけているように聴こえるけれど、イン・テンポなんです。
    pもpppppぐらいまで限りなく美しく心に届きます。
    ソコロフが毛皮の襟のコートを着ていて、まるでセントバーナードか犬のおまわりさんのような写真が目印のCDです。

    DVD情報もアップしましたので、見てくださいね。

    ししょうさま

    ししょうのバラの乙女時代は、ソコロフも日本に来てくれていたんだ。
    ソコロフもししょうも若かった!?

  • Unknown

    お声がけ頂き本当に有難うございました!!
    Sokolovの演奏には「度肝を抜かれた」というのが正直な感想です。
    そうか、これはヨーロッパ在住者のluxuryなのですね!
    未熟なコメントながら自分のblogにもちょっとだけ書いてみましたのでご笑覧下さい。

  • 知的ブログ
    本当に頭脳のレベルの差を感じるブログ&生徒さんなのです。
    彼女の素晴らしさは、また改めてお伝えしましょう。

    お名前をクリックするとロンドンより愛をこめてのブログへ飛べます。

  • コメントを残す