フェリーで上陸

フェリーで上陸 ブログ

フェリーで上陸
明日からのパリ行き。

なんとユーロスターが雪で全線キャンセルになってしまいました。

返金のきかないオペラのチケットにホテル、楽しみにしていたパリの女社長由香とのお洒落ランチ・・

一体どうしたらいいの?と頭はぐるぐるするばかり。

夫とハルカが2台のPCを駆使して調べてくれたのですが、あれよ、あれよと言う間に飛行機のチケットも売り切れです。

それならバスだ! でも10時間もかかります。

「1日フルで楽しむなら、今晩出る?明日の朝着くよ」 

「それはやめて欲しい」

そうこうするうちに、う〜〜〜ん。バスも売り切れ。

よっしゃ、フェリーだ。

ということで、2時間踏ん張ってくれて、やっとフェリーのチケットが取れました。

ユーロスターに乗れないとわかったとたん、頭から紫色の煙を出してむぅちゃんになった夫。

イライラして、体をかきむしり出します。

「大丈夫?お父さん」心配するハルカに任せて、私はお風呂であったまることにしました。

お風呂から出て「どう?大変だったでしょう?」と声をかけたら、

「これならさ、大丈夫だよねェ〜♪」と以外に明るい声の夫です。

「あら?どうしたの?お父さん」

「ハルカに癒されたんだよ。パリの音楽かけてくれてサ。気分を盛り上げてくれたんだ〜」

「イライラするのは、このPC(私の)が遅いんだよ」

あらま。そうですか。

フンフンと頷いて、PCに指を走らせるハルカはポーカーフェイス。

やるね〜!

・・・という訳で、ユーロスターなら2時間半で到着するところ、10時間かけてパリに向かいます。

ドーバー海峡を船に揺られて、この1年間のこと、来年のことをゆっくり考えたいと思います。