ラグビーの試合に行く

ラグビーの試合に行く ブログ

ラグビーの試合に行く
BARBARIANS V NEW ZEALANDの試合に連れて行ってもらいました。

場所は、TWICKENHAM STADIUM。

夫は、ずいぶん前からチケットを取っていたらしく「ラグビーをやる人にとっては聖地のようなところだからな!」と早くも鼻息を荒くしています。

ウォータールー駅からの電車は、スタジウムに行く人でいっぱい。

ラグビーシャツを着こんで、ごっつい感じの人ばかり・・

そして、到着した駅からスタジウムまでも、民家の軒先を借りたホットドック屋、ドーナツ屋、ステーキサンドイッチ屋があり、各チームの帽子やマフラー、シャツに巨大な旗なども売られていて、楽しそうな雰囲気でした。

会場は、緑が綺麗で見やすい感じ。

ビール片手に、椅子に座ると試合開始です。

今日は、最強のニュージーランドのチームと世界選抜でこの日のために組まれたというバーバリアンチームの試合です。

こちらは、バーバリアンメンバー。名誉あるメンバーに選ばれた選手たちです。イギリス人の選手がいなかったのが残念。
     ラグビーの試合に行く

遠くに見えるのは、ニュージーランド・オールブラックスチーム

試合前の土俵入りのような原始的な踊りの儀式をしている所。

初めて見たけれど、おもしろかった! もっと見たかったなあ・・・

     ラグビーの試合に行く

野球の試合のように、ハモンドオルガンや鐘や太鼓が鳴り響くわけではなく、観客の「わ〜」という歓声と「ぶ〜」という地獄の底から聞こえてくるような低い声のみ。静かなものです。

試合って、スポーツによってもずいぶんムードが違うんだなあ〜と思いました。

かんじんな試合ですが、男同志の体をはった戦いはすごい迫力でした。

ラグビーって、男の人が潜在的に持っている原始的な力で戦う、タフなスポーツなんだなあ〜とため息がでました。

たまには、自分の慣れ切った環境から飛び出してみるのもいいことですね!

視野が広がるし、刺激も一杯。

男パワーをもらって帰りました。