受験という道

受験という道 ブログ

幸恵さんとのインタビューに答えたように、

ハルカは3才で香港のインターナショナルスクール受験をした後の、

選択の幅を広げるための日本の中学、大学受験の他は、

すべて自分の意思で受験をしてきました。

 

特にボーディングスクール受験に関しては、周囲にボーディングスクールに行かせている人は全くいなく、

自力で調べるほか手立てはありませんでした。

 

そもそも、その存在すらも知らなかった私ですが、

中学受験を終えて合格を手にNYに戻る私たち母娘に

「この本、面白いから読んで御覧なさい」

と手渡してくださったのは、私のピアノの恩師、江崎光世先生でした。

 

受験という道

 

飛行機の中で読んだこの本はとても刺激的!

こんな世界があったんだ・・・

また、集英社のサイトでは、彼女の活き活きとしたブログがアップされていました。

 

地図で調べてみたら、車で行けそうな距離にその学校はありました。

そうだ!岡崎玲子さんに会いに行こう。

激励に行こうよ!と、車を走らせました。

 

広大な敷地、立派な建物、恵まれた環境の中でスポーツ、勉学に励む頭のよさそうな子どもたち・・・

夏休みに入っていて、残念ながら玲子さんにはお会いできませんでしたが、

素晴らしい学校のことは、強く印象に残りました。

 

「いいな〜私もこんな学校に行きたいな・・」というハルカのつぶやきも。

でも、夫もそろそろ帰国。

「無理だよ。なによりも、ハルカはあんなに頑張って、日本の素敵な中学校も受かったじゃない」

とは言ったものの、

しょんぼりする娘を横目に見て、本当に無理なのだろうか・・・と調べることにしました。

 

 

受験という道

 

そして、NYの紀伊国屋で見つけたのがこの本です。

いろいろな学校のことがかなり詳しく書かれていています。

ハルカの年齢でも入れる学校がアメリカ東部には1つだけあることがわかりました。

ただ、あまりにもハードル高そうです。

 

でも、見るだけ、受けるだけでも受けてみようと思えたのは、教師である安川国雄先生が訪れた素晴らしい学校、

つまりGroton Schoolについて書かれた本を読んだからです。

 

受験という道

 

そして、ついに、ハルカのこの言葉で私たちも覚悟を決めました。

「今までは、日本語と英語をがんばってきたけれど、アメリカ人の子みたいに英語一本で勝負してみたい」

そうね。

そうだよね・・・

学費を払えるかどうか心配だけど、

やってみよう。

 

縁がつながり、ハルカは1学年22人の小さな枠に入れていただくことができ、

その中で寂しい思いも、我慢もいっぱいしたけれど、

楽しい素晴らしい経験もたくさんしました。

何よりも、ひとりっこの彼女に、すごい数のお兄さん、お姉さん、弟、妹が出来ました。

 

大好きな先生とは未だに文通しているし、

つい先日も、マンハッタンに訪れた数学の先生とランチをしたり、

同じ寮仲間のお友達が遊びに来たり!

みんな人に言えないような、ドラマを共有してきた心の友。

 

すべてを糧に、彼女は輝いている。

共有させてもらえる私と夫は本当に幸せです。

人生ってすばらしい。