吉方位旅行 日立から大津港へ

吉方位旅行 日立から大津港へ ブログ

茨木の大甕の宿では、翌日も小雨でした。

灰色の海は白波を立て風はビュービュー吹く中、
何度もお風呂に向かいます。



海をどーんと見渡すお風呂は、
海藻かじめ湯、海水の潮湯、玉砂利岩盤浴の焼石の湯の3つ。
こんな写真が撮れちゃうのも、泊り客は私一人だけだったからなのです。

この日は、野口雨情の生まれた家に向かいました。

シャボン玉
赤い靴
七つの子
諸城寺の狸囃子
十五夜お月さん
青い目の人形

私の幼い頃、母と一緒に量感たっぷりに歌った懐かしい童謡。
学校の行き帰りに、妹と一緒に歌ったっけ・・・
この詩を作った野口雨情とは、どんな人だったのかしら・・・

こちらも訪れたのは私一人。
案内してくれた上品なご婦人は、野口雨情のお孫さんとのことで80歳!
いろいろなエピソードをお話くださいました。

なんと嬉しいことに、お庭に植わった青柚もいただきました。



そして最後の夜は、大津港から山の奥に入ったところにある小さな温泉宿。
おばあちゃんの家のような素朴な宿と品の良いお料理。
豪華なホテルや旅館よりも
こういう宿がいいなぁ・・・

テレビは、無駄につけっぱなしにならない100円を入れて見るタイプ。
しかも小さくて懐かしい昭和のタイプ。

テレビの横の鏡台に、野口不二子さんからいただいたお庭の柚子を飾ってみました✨
テレビの下には、カメムシ発生時に使うガムテープが用意されたりして、クスッっと笑ってしまいました。



赤いお湯は鉱泉でめずらしく、なんといってもレトロなお風呂がステキでした。
こちらでも泊り客は私一人。
どの宿も、私だけのためにお料理とお風呂を用意してくださり、頭が下がります。

そして、宿の方もタクシーの運転手さんも、駅員さんもとても丁寧で親切。
北関東の優しさを感じました。




3泊4日の吉方位旅行。
3日目の朝。
目覚めた時に新しく生まれ変わったのを感じました。

もっと自由に
もっと素直に
もっと渡しの世界観を表現したセッションやクラスができそうです!

・・・・・・

11月スタート、
現在募集中のクラスは2つあります。


◎ RIEZM Academy お一人キャンセルが出ました。少人数で丁寧に進めていきます。
           ご興味在る方、ぜひどうぞ〜

◎ ICF国際コーチング連盟ACC受験者のための実力アップ特別クラス
6ヶ月まるごとコーチング実践練習会