奇跡のコースのテキスト

奇跡のコースのテキスト ブログ

 

奇跡のコースのテキスト

『エゴと投影の仕組み』を学びたくて、この本を読みはじめました。

実は昨年の6月に買おうと思ったのですが、「難しいから少し勉強してからの方がいいですよ〜」とACIMの仲間に言われ、

長い間、手にとっては戻してきました。

945ページもあるし・・・。字も小さい!

むむむ。ちょっと読みにくそう。

 

でも、火曜日の夜の「奇跡の学習コース読解クラス」に入門した私。

張り切って本を購入して読み始めたものの、

1行読んで、んーーーーーー。んーーーーー?

と唸りながら、亀のようにのろのろと進んでいます。

どうやら、この本は頭で理解していくような本ではなさそうです。

自分の判断や価値観を手放して、

最大限のイマジネーションを使って読みます。

本質を読み説いた瞬間、

ふっとワンステージ先に進めたような気がします。

でも、そんなことは「奇跡」と言ってもよいほど、稀にしか起きません。

また、情けないことに、めったに使わない脳みその一部が働いているせいか、すぐに眠くなってしまいます。

それでも、がんばれるのは、興味のあることだから。

 

ふと目を止めた小さな一節に込められた深い意味。

そこから、関連書を読みだしたり、調べたり。

2月に入ってから、一日のほとんどの時間を本と共に過ごしています。

これが私の血肉となって、皆さんにお伝え出来るようになりたいです。

 

こんな難しい本を英語でバンバン読んでしまうクラスの皆さん。

本当にすごいと思います。