感動の授業

感動の授業 ブログ

感動の授業
こんな不思議な色の夕焼け。

その夜に4つ目の花を咲かせたアマリリス。

感動の授業

なんか、ちょっと胸がざわざわしていたら、アメリカに帰ったハルカが震える声で電話をかけてきました。

「おかあさん。 今、最初の授業が終わったんだけど・・・」

声を失っています。

「なあに。どうした?」ドキドキする私。

「すごい。すごい授業だった。ああ、この先生の授業のレベルの高さといったら!」

「まだ若い先生なんだけど、ヨーロッパのアクセントの英語なんだけど、すごく一生懸命、汗を一杯かきながら、本当に、本当にすばらしい授業をしてくれたの」

「お母さん、信じられる?授業が終わったら、生徒全員がスタンディング・オべーションだよ。まるでパフォーマンスを見終わった時のようだった・・・こんな授業、受けたことない・・・」

私は、静かに感動していました。

自ら選んだ厳しい道を乗り越えてこそ手に入れた感動。

・・・引き寄せの法則。

あの子の行く道を信じて、心からサポートしてきてよかった。

「そうそう。エマと同じクラスなの。今度話しかけてみようと思って」

ついついミーハーな私は、1番気になることを聞いてしまいました。

「オーラある?」

我ながら、しょうもない質問です。

「すごくかわいいけれど、普通の子。むしろ普通でいられるからここを選んだんだと思う」

普通とは何か。

3歳から海外で育ち、普通のアメリカ人とは違う中で生きてきたハルカ。

孤独だったことと思います。

普通じゃないハルカは、周りのアメリカ人に合わせながら、自分の可能性を探り、懸命に生きてきました。

もしかしたら、エマもそうだったかも・・・?

「ハルカの普通」もエマ同様、見つかりますように・・・

*エマとは、エマ・ワトソンのことです。

あ!こんなこと書いたら「おかあさんったら、もう〜」って言われちゃうかしら?

先に謝っておこう。 

スミマセン!