灯台下暗し

灯台下暗し ブログ

今日、クラスの後にセントラルパークの桜の下で待ち合わせしていた英語の先生のホーリーと会って、

カフエで会話のレッスンを受けました。

ただただしゃべることを楽しみたいとリクエストしていたので、

たっぷり話すことができました。

 

こんがらがってしまった時、単語がわからなくてうまく説明できない私に対して、

こうかしら?

こういうこと?

と玉を投げてくれるホーリー。

でも、お互いに手探りの中での会話は、それであっているかどうかもわからず。

なんとなくもやもやが残ってしまったのが残念でした。

 

今日のレッスンの報告を楽しみに帰宅したハルカに、ホーリーとのレッスンで楽しかったことや困ったことを話しているうちに、

ピンピン!と稲妻のように閃いたことが!

 

ちょっとだけ勇気を出して聞いてみました。

 

あのさーー、えーーーと。

ハルカさえオッケーだったら、キッチンでご飯作りながらでいいから、5分間だけ英語で話してもいいかなあ?

 

いいようーーー

 

いつもながら優しいハルカさんです。

 

え?!!!本当?じゃあ、ちょっとやってみようか!

 

ということで、タイマーをかけて、お互い冷蔵庫を開けたりレンジ周りを拭きながら、会話を英語に切り替えました。

ハルカはさりげなく言い方も直してくれて、

何よりも、わからなくなったら、日本語で聞くことが出来て、

ピンポイントで英語に直してもらえるから100%クリア!

 

 

25年前に苦労して娘を産んで良かったー

ハルカは苦労しただろうけれど、英語と日本語の両方をキープして来て良かったと心から思いました。

 

我が家にベストテイーチャーがいたなんて、まさに、灯台下暗し。

 

灯台下暗し

 

ゴールは、30日間続けること。

お礼にレストランでごちそうすることにしました。