苦しくなったら思い出す、たいせつなこと。

苦しくなったら思い出す、たいせつなこと。 ブログ
苦しくなったら思い出す、たいせつなこと。

マンハッタンのお花屋さんは、ライラックの香りでいっぱい!

 

昨日のクライアントさんとのセッションの、フォローアップのためのメールを書こうとして、

ああ、これは、自分にとっても大切なことだと気づきました。

 

今日は、いつでも引き出しから出してこれるよう、言葉にしておこうと思います。

 

それは・・・・

 

自分の価値観が大切なように、

相手にも大切な価値観があるということ。

自分のなかの正しさを主張すればするほど、

相手は間違っていることになる。

自分の正しさを相手に求めると、お互いに傷つき、傷つけられ、苦しくなります。

 

だから、時々立ち止まってみて、

「私の中の正しさ」そのものに執着していなかったか、

相手に押し付けようとしていなかったか・・・胸に手をおいて考えてみます。

 

自分にも「こうして欲しい」という欲求があるように

相手にだって欲求がある。

一方的に、自分の欲求を受け入れて満たして欲しいと思う前に、

自分は、相手の欲求に応えていただろうか・・・・胸に手を置いて考えてみます。

 

ああ、こんなに自分勝手で、傲慢で、甘ったれた私に、

よくうんざりしないで付き合って来てくれたと気がつけば、

相手の心の広さに頭を垂れ、感謝の思いで満たされます。

 

ああ、そうだった。と思い出すだけで、

すっかり忘れ去っていた、穏やかで安心した気持ちに還ることができます。

 

あんなに憎かった相手が、大切な人だったことに気づけます。

馬鹿だったのは相手じゃなくって、

本当は自分だったんだと、泣きながら笑えます!

 

私が5年前に見つけた、人間関係で苦しくなった時に楽になれる方法です。