針とお灸でアッチッチ!

針とお灸でアッチッチ! ブログ

お友達のご紹介で、ミッドタウンの鍼灸院へ。

ここには、K先生とという知る人ぞ知る大先生が居られるのです。

先生は、表に出られるのを控えていらっしゃるとのこと。

ご縁のあった方たちが導かれて来るそうので、詳しく書くことは控えますが、

私は針が苦手なくせに、その面白そうな先生に会いたくて予約を入れました。

前半は、私の脈をとりながら、細胞とお話され、(その技術はおじい様のカバラ術を2歳の時から4年間、毎日8時間物間、モールス信号のようなタッピングで伝授されたとのこと)、後半は、表裏多分120本ぐらいの針を刺して、お灸します。

先生の不思議な経験や驚愕するような体験のお話は、事前にネットで先生を検索していたので予習していました。

でも、まだまだ出てくる面白話。

 

超健康な私ですが、ネックはアレルギーです。

もう35年もの間、アレルギーで空咳が出て、それが唯一の気がかり。

 

なかなか対処する方法が見つからなかったのですが、

先生が脈を通じて内蔵とお話したところ、肝臓さんがひ〜ひ〜言いながら必死でお仕事し、

腎臓さんも元気くないことがわかりました。

 

先生には「腎臓さんが元気を取り戻せば、体内にたまったアレルギーを排出できるから、そこを治しましょうね〜」

と思いもかけないことを言われてびっくりしました。

お医者様には、鼻水が喉を流れて咳が出ないようにするため、鼻を手術をするか、

アレルギーの注射をしに定期的に通うよう薦められて、その気になれずにいたからです。

でも、確かにそうですよね〜

腎臓さんが元気になってくれたら、私も安心です。

 

慣れない針とお灸の治療、漢方薬のボトル2本とカプセルをいただいて、

なんだかふらふらしながらも、

先生に、「あなたは、感性がクリエィティブ、魂が清いから弟子にしてあげる」とまで言っていただいたありがたさに、

一人お祝いしたくなって、

以前から行きたかったKokageという和食のお店に足が向かいました。

 

まずは、まるで京都にいるような落ち着いた佇まいで、香ばしいほうじ茶を飲んで人心地つきます。

 

すると、9月のメニューには、夢にまで見た鱧のお料理が・・・

NYで、鱧はいただけないと思っていたので、目をごしごし擦ります。

針とお灸でアッチッチ!

鯖の押し寿司と鱧のお寿司。

この鯖は、九州の鯖をいったん京都で〆て塩漬けにしてからNYに運んだそうです。

鱧も美味しい!

 

無事、生還した喜びの中、

先生のおっしゃった「あなたはヒーラーの素質があるから、弟子にしてあげる」という声が、

またもや頭の中でぐるぐる回り・・・

本気にしてもよいのか、

一瞬気がそれましたが、

本気にすると決めました。

何を

どう?

という訳ではないけれど、

嬉しいから、まずは、ありがたく、その声についていこうと思いました。

 

じわじわと喜びが湧き出て、

本当に気持ちのよいお食事をいただいた、その2、3軒先に発見した可愛いカフェにも、

えい!

入っちゃえ。

おなかも一杯だったけれど、可愛いレモンタルトを買いました。

針治療のあと、こんなに食べても良いのでしょうか・・・

 

ここも一つ一つ手作りで作っています。

グルテンフリーのお菓子屋さん。

針とお灸でアッチッチ!

外は青空。

針とお灸でアッチッチ!

今、ここにいるからこそ、出来ること。

メンター、大好きな仲間たちとの出会い、学び。

それをすべて咀嚼し、感じた事を私の言葉でお伝えするのが私の役目。

まずは、もっと気づくこと。

メッセージをスルーしないこと。

ふと、そう思いました。

またひとつステップアップ・・・かな?