本には書けなかった・・💧12/4電子書籍「コーチは世界一ステキな仕事:キッチンの片隅から起業して、マスターコーチに」発売間近✨

本には書けなかった・・💧12/4電子書籍「コーチは世界一ステキな仕事:キッチンの片隅から起業して、マスターコーチに」発売間近✨ ニュース





11月20日の夜、NYから帰国して2週間の自宅隔離に入っている私ですが・・・
なんと、なんと!
酷い咳と鼻水と痰で、夜寝ながらもテッシュの箱が手放せず、どんどん症状が悪化。

今回10日間の間、3回PCR検査をして、すべて陰性だったのですが、
もしやコロナかしら・・・と不安は増すばかり。

本当は、2週間は、外にでてはいけないのだけど(入国管理確認センターのアプリから、不定期にかかってくる電話に顔と背景を映してビデオを送信しなければなりません)保健所に行って、コロナ専門のクリニックで診察してもらいました。

その結果、今回も無事、陰性でした


咳鼻水の強力なクスリももらってきた
・・・というのに。
症状はおさまるどころか、どんどん酷くなるばかり。

まるで肺炎のような
胸に響くゴホゴホゴボゴボいう咳。


あれ?
この感覚、
どこかで覚えている・・

と思った時、今回の電子書籍の初めに書いた一文を思い出したのです。



本には書けなかった・・💧12/4電子書籍「コーチは世界一ステキな仕事:キッチンの片隅から起業して、マスターコーチに」発売間近✨

4歳でかかった肺炎はかなり重症でした。


今回、再体験するようなことが起きて

なぜか、その時の記憶が思い出されてきたのです。


・・・・・


診療を終えた医師から
お子さんはお一人ですか?と聞かれ、
2歳の妹がいますと答えた母。
それを聞いて、良かったですね・・というように先生が頷いたこと。

その後、
それって、
この子が死んでしまうことを想定しての質問だったのかもしれない・・と思って、恐怖でこわばったこと。

そして入院中に、
もう一度肺炎になったら、娘さんの命はないものと思ってください。と言われたこと・・・


若かった母は、恐怖でいっぱいだったことと思います。




そして、実家の古いタンスの中にあった、母の細かい字で克明に記された入院日記のことも思い出しました。

◯月◯日

今日はりんごをすりおろして、ガーゼで絞ってみる。
理恵、小さじ1杯ほどだが、喜んで食べる。


・・・・・・


電子書籍には、母のコントロールで苦しかった娘時代のことを
多く書いてしまいましたが
今回、肺炎にも似たひどい咳を体験することで
娘を失うのではないかという
母の切り裂かれるような恐怖と苦しみの感情を思いやることができました。

なにせ、
「行きたくない」と駄々をこねる私を解きふかせて
車に乗せて東京まで行った帰りに高熱を出したのですから・・・
人一倍責任感の強い真面目な母にとっては、地獄の苦しみだったことでしょう。




さて、12月22日の冬至までに、大きな波がくるというけれど、まさに今の私は荒波の真っ只中・・・


でも、電子書籍出版を前に
私への波は、それだけではなかったのです。













「コーチは世界一ステキな仕事:キッチンの片隅から起業してマスターコーチに!」への
応援、シェア、レビュー、ご家族へのおすすめ、お友達へのおすすめ・・・


どうぞよろしくお願いします!

まずは、Amazon10位以内をめざして、地道に宣伝活動していきます。

みなさまのお力添えを、どうぞよろしくお願いします。

本の購入には「初速」が大切なのです。

そこで、ぜひ、12月4日の朝7時から9時の間に購入していただけたら、すっごくありがたいです!!

書籍は紙ではなく「電子書籍」です。
なので、Amazonのアカウント、Kindleのアプリを事前にご用意ください。

発売前までにアプリを入れておいていただいて、4日の朝一番にポチッとご購入ください!!
とっても簡単です!

私自身も、ずっと紙の本を愛読していたのですが・・・。
最近になってKindleを使ってみたんです。

それが!
意外と読みやすいし、本を持って歩かなくても良いので、すごく便利!

Unlimitedに登録して、気になる本や雑誌を気軽に無料で購読しているんです。

これを機会に、ぜひ〜〜

99円。

損はさせません!