1904年のブイヤベース

「金曜日の夜だし、今夜はお父さんの好きなブイヤベースを作ろう!」

エッ?!メンドクサイ・・

だって、魚も何種類か必要だし、魚のアラを使ってスープを煮出したりして、大変なのよ〜

と思ってしまった私でしたが、せっかくのチャンス。

ハルカにレシピを捜してもらいました。

そして、彼女が見つけてきたニューヨークタイムズのレシピ

1904年のレシピをもっとおいしく改良したというレシピです。

これなら、家にあるもので創ることができます。

ハルカがPCにためこんでいるカッコいい音楽を聴きながら、キッチンに立つ私たち。

コトコトコト・・・キッチンが美味しそうな匂いでいっぱいになります。

オレンジとレモンの皮やジュースをたっぷり使った爽やかな夏の味・・・

他では味わったことのない、洗練された不思議なおいしさです。

インターナショナルフェアーのスペインブースで購入したとっておきのカヴァもあけて、豪華な夕餉になりました。

「ほォ〜。すごいねえ。レストランで食べたら30ポンドはするよ」

夫に褒められて、くすぐったそうな顔をするハルカでした。

さあ、次は何を作ろうかな?