RIEZM Academyの仲間たち

RIEZM Academyの仲間たち ブログ

一日6時間、9時から16時までの講座をいかに軽やかに楽しく学びながら
力をつけていくかに特化しつつ進めて、3回目を無事に終えました。

RIEZM Academyは、ACC受験を視野に入れて作ったプログラムですが
全員が受験しなければならない訳ではありません。

中には、しっかりとしたプログラムの中に身を置いて、
志の高い皆さんとともに学ぶことで
「コーチングが上手くなりたいっ」という方もいらっしゃいます。

もちろん、それもウエルカムです!

だって、嬉しいじゃないですか・・・

目指すことで絶対に上手くなるっ!
そういう人の周りに及ぼす影響力は大きいです。

そのための場の力として、ぜひ使っていただきたいのです。

これまでコーチングの講座に参加して、
コーチングが大好きになった方はたくさんいらしゃることと思います。
なんとなくコーチとしてもやっていけるような、でも、自信がないような・・・

その「自信って何?」と考えた時に、
「私にとっては国際資格だ」と思えた方には、RIEZM Academuはぴったりです。

私一人で、最初から最後まで、66時間のクラスと個人セッションとの両方を担当しますので、
確実に力のつくクラスだからなのです。


写真は、RIEZM Academy 一期生、11人の皆さん✨

ピアノの先生3人
サロン経営者1人
ビジネスマン1人
看護師2人(お一人は大学院生)
クリニックマネージメント1人
羊毛の灯り作家1人
教師兼スポーツコーチ1人
育休中のママさんと赤ちゃん1人

中には、すでにコーチ活動を実践されている方もいらっしゃるんですよ〜

秋からは平日の木曜日、午前中3時間のクラスもスタートします。

RIEZM Academyの仲間たち

皆さんサポートを最後までしっかりしたい・・
改めて思った時に、
いつも元気な私ではありますが、
自身の健康管理について向き合いました。

改善点は、2つ。

ここ数年、人間ドックで唯一指摘されていた、血圧の高さです。
自覚症状がないだけに、気をつけなければいけないそうです。
日頃、運動やお食事には気をつけているのですが、過信してはいけませんよねっ。
オムロンの血圧計も買ったのですが、すっかりしまい込んでいました。

初めて病院に行ってわかったことは、
深刻な状態ではないとはいえ、確かに「高い」ということ。
また、計測を継続する意味。

そうか〜〜ピン、ピン!
意味がわからないと、行動に結びつかないんだ・・・
コーチングと一緒だっ

1番弱いお薬を飲んで様子を見ましょうということになりました。
日本で薬局に行ったらのは、36年ぶりかしら・・・?

経過についての電話がかかってくると知って驚きました。
お薬手帳というものもあるんですね〜
すごいサービスです!


もう一つの改善は、足についてです。
高価な靴も、安い靴も、セルフオーダーメイドにしても
試着して歩き回るときは大丈夫なのに、
なぜか買って帰って履くと、
足に合わなくって快適に歩けないんです。
これも、長年の小さな悩みのタネでした。

足のコンシェルジェの豊後由美先生にしっかりと計測していただいた結果、
足裏の筋肉をつけるところからスタートと決まりました。

5年前に帰国して、
1年かけて、銀歯を全部取って口の中の整備をした時は
アレルギーの改善が目的だったけれど(あまり関係なかったようです)
その後、口中が快適なところから、
<人間、思い切る時は思い切る>って大事だなと思っています。

そうそう、
思い切るネタでは、まだあります!
思いきろうと、チャンスを狙っているお話。

ご報告できますように〜〜



・・・・・・・

✨9月9日(木)スタート🌃21:15〜22:45

福島規久夫×青木理恵のコーチング実践練習会ナイトクラス


✨11月4日(木)スタート🌅 9:00~12:00

ICF国際コーチング連盟ACCをめざす人のためのRIEZM Academy 平日3時間コース



りえずむセッション(個人セッション)は、
現在、満席のためウェイティングルームでお待ちいただいております。
  ご希望の方は、まず体験セッション(5000円)をお受けいただき、お待ちください。