どこから直そうかな? 20の悪い癖

どこから直そうかな? 20の悪い癖 ブログ

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/0811/05/news007.html

コーチングの第一人者、マーシャル・ゴールドスミスの「コーチングの神様が教える「できる人の法則」 What Got You Here Won’t Get You There」に書いてある、ついやってしまいがちなリーダーシップにかかわる20の悪癖。

これは、我が子にもやってしまいがち・・・

先日、6歳の子ども相手に本気で怒ってしまいました〜というママの声も聞きました。

わかる、わかる。私もそうだったもの。

気づいた時がチャンスです!

あなたは、どこから直していきますか?

.極度の負けず嫌い
2.何かひとこと価値を付け加えようとする
3.善し悪しの判断をくだす
4.人を傷つける破壊的コメントをする
5.「いや」「しかし」「でも」で文章を始める
6.自分がいかに賢いかを話す
7.腹を立てているときに話す
8.否定、もしくは「うまくいくわけないよ。その理由はね」と言う
9.情報を教えない
10.きちんと他人を認めない
11.他人の手柄を横取りする
12.言い訳をする
13.過去にしがみつく
14.えこひいきをする
15.すまなかったという気持ちを表さない
16.人の話を聞かない
17.感謝の気持ちを表さない
18.八つ当たりする
19.責任回避する
20.「私はこうなんだ」と言いすぎる

まず、ざ〜っと見てみて嬉しかったのが、2番の「善し悪しの判断をする」が、だいぶ減って来たなと感じました。

価値判断をせずに、「そうか、そういうこともあるんだな〜」とか、「ふ〜む。今はそうなんだな」

時には「へ〜〜〜びっくり!」で止めておくことで、自分自身が楽になりました。

後から、状況が変わったり、本当のことがわかったりして、「決めつけなくてよかった〜」とホッと胸をなでおろすこともしばしば。進化中の自分、偉いぞ!

でも、20番の「私はこうなんだ」と言い過ぎる。

う〜〜む。これは、まだ時々出ていますね。

相手に対して不満があると、ついつい「私だったらこうしない」「私だったらこうするのに」と口走っている時があります。

余計なお世話ですよね!

早速、改めることにします。