りえずむ塾エリートコースを終えて

りえずむ塾エリートコースを終えて ニュース

麻美さんとの2年間は、可愛いお嬢さんなしでは語れません。
一緒に参加してくれた、北鎌倉での私の木を育てましょうの講座。
お風呂上がりに夜のクラスにちょこっと顔を出して、
おやすみなさいのご挨拶。
そんな我が子を穏やかな眼差しで見つめるマミさんは、ゆとりのある優しい母親でした。
そんな彼女からは、お手紙をいただきました。


・・・・・

理恵さん

2年前の体験セッションで、初めてお会いした時のことを今でもよく覚えています。会社を辞めた後、「自分がなにをしたらいいのか?」「どうしたらいいのか?」気持ちばかりが焦り、朝起きた時から気分的に辛く、仕事をしていない=何もしていないという思いも強く、家にいても落ち着いて過ごすことができず、何よりも自分を認めてあげることが出来ない、そんな状況だったので、理恵さんの優しく包み込んでくれるような声を聞いただけで涙が溢れてきました。
その後、私の話を全て受け止めてくれ、「麻美さんなら大丈夫だから」という力強い言葉で、りえずむ塾で学んでみようかなと思いました。

誰にも話せなかったことを何も否定されることなく聞いてもらえた安心感で、それまで昼寝すらできなかったのに、大泣きしてスッキリしたのか、セッション終了後は2時間も昼寝できたことが今ではいい思い出です(笑)

それから月2回のグループセッションと、月1回の個人セッションが私の楽しみになりました。住んでいる場所、職業、年代が異なるメンバーは、人生の質を高める中、自分と向き合うため、自分の意志で学びにきているエネルギーの高い場で、共に学べたこと、セッションを提供してくださった理恵さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
りえずむ塾で学んでいる最中、「きちんと身についているのかな?」「きちんと学べているのかな?」と不安になったこともありますが、日常の些細な出来事で、「私変わった!!」と気づくことができました。

今までの私は何か起こると「私が悪かったのかな」と自分を責めてしまう癖があったのですが、出来事を客観的に捉え、相手の感情は相手のものと捉えられるようになり、自分を責めることがなくなりました。りえずむ塾での学びは、「気がついたらいつの間に」身についていて、漢方薬みたいです。

この2年間は、本当にあっという間で楽しかったので「学んだ」という感覚はあまりありませんが、この先の人生をより豊かに生きるための土台作りがしっかり行えたと思っています。

ここで終わりではなくむしろ「これから」ですよね!
今後も継続して学び続けることによって、どのようなものが積み上がっていくのかとても楽しみです!

「私は200%麻美さんの味方だからね!!」この理恵さんの言葉を励みに、新しいことにチャレンジし、一歩でも前に進みます。
自分の人生にワクワクしてきました!!
理恵さんに出会えてよかった!!
ありがとうございます。

2020年1月22日 藤原麻美