わたしについて 第4回

わたしについて 第4回 わたしについて

 

わたしについて 第4回

 

 セラピーで感情を開放します

前回は、私のコーチ活動の柱の一つだった

「マザーズコーチ・ジャパン」についてお伝しました。

 

第4回目の今日は、セラピーについて。

 

人生の折り返し地点を過ぎた最近、

つくづく思うんです。

 

人生は『愛』と『赦し』だと。

 

ステップメール初回で

ピアノ教師をしていたとお話しましたが、

現在も日本初となる100%褒めるコンクール、

「ちいさなたねとつぼみコンクール」を発案、

審査員をつとめています。

 

ピアノのコンクールってね、

「君の演奏はボロぞうきんのようだ!」

とけなされることもあるんですよ。

 

できない箇所を指摘することで

やる気をアップさせるという狙いなんだけど、

それって実は効果ゼロ。

 

やる気をアップさせるどころか

子どもの自尊心を傷つけ

「できない自分はダメなんだ」

と自己肯定感を低くしてしまうことに。

 

音楽の世界で才能溢れる子ども達が

心を病んでしまったこともあります。

 

それは周囲の大人に『愛』をもらえなかったり

間違いや失敗も『赦し』てもらえなかったから。

 

そのために学んだセラピーの知識も

個人セッションではフル稼働して

感情を開放していきますよ!

 

体の経絡のつぼをトントンしていくことで

ネガティブな感情を開放するEFT(Emotional Freedom Technique)は

1990年代にアメリカで生まれた新しいセラピー。

 

心理療法の専門誌でEFT後はストレスホルモンが

24%減少したという研究結果が紹介されています。

 

この他、ピクチャータッピングや

カードを使うコーチングゲームで

あなたの深層心理を引き出します。

 

「信じられないほど、心が軽くなった」(Y.Hさん)

 

気になる方は個人セッションをお薦めします。

 

もっと知りたい、読みたい!と思ったら、

メールマガジンをお楽しみに〜〜

 

ここニューヨークから

あなたの人生を本気で引き上げるための

エッセンスを出し惜しみなくお伝えしていきます。

保存