ガチンコ勝負3本目 しゅんさん

ガチンコ勝負3本目 しゅんさん レポート

          ガチンコ勝負3本目 しゅんさん

■この2週間で実行したこと
①World shift大阪というイベント参加
②新しい団体での活動
③CVS(来春のアメリカでのビジネス合宿)、選考の課題提出
④スペースを空けること
以下にそれぞれの詳細と感想
① World shift大阪というイベント参加
  関西で様々な分野で活躍する方の講演会イベントに参加。ホリエモンなど著名人も講演を行う。この場で多くの学生と交流することができ、とても有意義でした。
  <所感>
  改めて「人は人からしか学べない」と感じました。特に人からインスピレーションを得て、行動する人間だと感じました。今後そんな自分が高いモチベーションで行動していくために大切なことは第一に、できるだけ人に会うこと。第二に、活躍する方々のブログを読むことだと認識しました。

② 新しい団体での活動
現在、「社会人と学生を繋ぐ仕組み」を関西で創るため、いよいよ本格的に活動をスタートさせました。内容については企画段階ですが、ただ社会人と学生の交流会を開くだけではなく、実際に大企業に勤める方と学生が共同でプロジェクトを創る場を創出したいです。そしてその旗揚げとして来年、一月中旬に京都で1000人規模のイベントを企画しています。そのため来月上旬に外資系消費財メーカー社長やITベンチャー企業社長へのプレゼンテーションを行う予定です。既にアポを取ることに成功しております。
<所感>
久々に優秀なメンバーで新しいことを始めることができ、ワクワクしております。全体のメンバー20人程で2人の共同代表が存在し、僕は企画のリーダーとなりました。ここで上手くリーダーシップを発揮し、この団体をもっと活発化させたいです。どうやらこの団体、行動派の3人とそれ以外で少し軋轢が生まれているようです。企画リーダーとしてそれを解消できるような動きをしたいです。

③ CVS(来春のアメリカでのビジネス合宿)、選考の課題提出に奔走
来春2月中旬から3月終わりまでロスのビジネス合宿に参加すべく、現在、選考課題をこなしております。ちなみに選考課題は自己PRや面接試験だけではなく、ビジネ企画書や「最高のプロポーズを表現せよ」や「親友Aと親友Aの彼女と僕の三角関係」について記述を求められたり、課題は多岐に渡ります。昨日、課題を80%提出し終えました。この団体(NPO)は外資コンサルで働かれている方がオーガナイズしており、参加する学生のレベルも非常に高いため、是非とも参加したい。
<所感>
ここで自分のマネジメントの甘さを感じました。課題に追われて、学校には行かず、家でPCに向い、課題に取り組みましたが途中でモチベーションが下がり、あまり捗りませんでした。大切だと感じたのは第一に同じ作業を続けるのではなく、あえて変化を創る(例えば論文を書く→一時間英語の勉強をする→また論文に取り組むなど)。第二に自分のモチベーションを高く保つことです。そのため活躍している人(関西には僕のライバルのような学生がいる)のブログを見る。「負けてられない」という気持ちになれる。

④スペースを空けること
Ⅰ.書籍の整理
1. 就活本→ほとんど後輩に引き取ってもらった。
2. 就活時代にもらった大量のパンフレットをまとめた。
3. 大学受験時の参考書→捨てた
4. 読まなさそうな小説・書籍→押入れへ
Ⅱ.服の整理
5. いらない服をまとめた。来週辺り捨てる予定。
6. 夏の服を片付けた。
Ⅲ.雑務
7. 受信料金を過払いしたNHKに文句を言った。ネゴシエーション力を鍛えるため、食い下がっていると返金を約束してくれた。
8. 京都信用金庫の口座を解約した。
9. 奨学金をストップさせた。
10. 東京で働く兄に電話して借りた奨学金の保証人になってもらった。
11. 扇風機を押入れに入れた。
12. モバイルPCを購入した(ずっと欲しかった。まだソフトをインストールできてない)
13. 内定先の企業研修(E-learningのPC講座)を一気に終わらせた。
14. 夏にツタヤで買ったsex & the city を見た。
■全体的に思うこと
自分のモチベーションを保つことの大切さ・難しさを感じました。前述のロスへのビジネス合宿の選考課題を終わらすべく、二日間家に篭った。英語・ファイナンスの勉強や溜っていた雑務・読書をしようと思っていたのに全くはかどらなかった。僕は元来怠け者なので、それでもしっかり実行できるような環境を創ることが大切だと思いました。上記の「実行したこと」について書きましたが「実行していないこと」もこの期間は多かったと思います。
■次回までの目標
あえて抽象的な目標にしたいと思います。ズバリ「自分をコントロールすること」。次回までに「自分を〜なやり方でコントロールして〜した!」とお伝えしたいです。「自分のコントロールする」の定義は「立てた計画を確実に実行すること」とします。そのための手段が自分のモチベーションを上げることであったり、規則正しい生活をすることです。申し訳ないのですが次回の行動目標は明日多くの人と話してじっくり決めたいのでここには書けません…。明日は京都でビジネスプランコンテストに出場してきます。尊敬する社会人の方や学生も集まるので彼らとじっくり話したいです。

以上、思うままに書いてみましたが以前より見やすい文章になりましたでしょうか?
バーバラミントの「考える技術・書く技術」をじっくり読んでみようかと思います。

 

しゅんさん

1番にレポート出してくれてありがとう!それに、すごいなあ〜。大前進していますね。文章も良くまとまっていて、読みやすいです。どうもありがとう!

ところで、しゅんさんは自分のこと、「怠け者」と書いてあったけれど何と比べてそう思うの?小さい頃、親や先生に言われた?

 自分をコントロールするて言うと、ちょっと苦しい感じがするんだけど、マネジメントできるといいよね。

しゅんさんが言うように「集中できる環境」を作り、「優先順位」「段取り」を考えて紙に書く。そして、それを実行したらいいかもしれない。あくまでもハードルを高く掲げすぎないように気をつけてください。実行できないとまた怠け者になっちゃうから、ね!そして、意味のない、無駄な時間を過ごさず、ONとOFFを明確にすることも大切です。ツメの甘さをなくすことも。

しゅんさんは、プロモーター度が高いのかもしれません。あはは。だとしたら、私と同じだ。アバウトな私は、4つのタイプの本を読んで、アナライザーの人の思考や行動を参考に行動してアナライザー度を上げていきました。

*コミュニケーションのタイプのお勧め本

・熱いビジネスチームを作る4つのタイプ 鈴木義幸

 

*時間管理のお勧め本

・出来る人は1週間を168時間で考えている 本間正人

 

次の本は、入社する前に読んでおくといいかも♪ あ!みねさんも読んでおいてね。かなり辛口で面白いです。50才過ぎてからこの本に出会った夫は「耳が痛い!」と唸っていました。

・なぜこの人ばかりが出世するのか ローラ・バーマン・フォ‐トガング

それから、申し訳ないのですが次回の行動目標は明日多くの人と話してじっくり決めたいのでここには書けません…。いいぞ、いいぞ〜「やる」「やらない」を明確にし、自分との約束を守れる人は、信頼できるし誠実さを感じます。これは、安請け合いする人にならないためにも、大事なことですね。私も気をつけたいです。