コーチ力診断

国際コーチ連盟のマスターコーチを目指すと決めて、本格的に取り組み始めています。

昨夜も自らのコーチ力をMCC森川里美コーチに診断してもらうクラスに参加しました。

私の10分間のセッションのFBは、

「PCC(プロフェッショナル)には達しているけど、まだ、入り口って感じ」

う〜〜〜ん。 

それを自覚しているだけに、どうしたらいいのか模索中。

MCCの合格基準は、マスターコーチの平野圭子さんによると、大学院の入試のように難しいらしいのです。

ならば、今できることをすべてやろうと覚悟を決めました。

お金も時間もかけます。

さらに、新しい仕事は入れずに、スペースも確保しました。

コンピテンシーの理解を深めるべく、ノートにまとめなおしたり、改善テーマを決めてセッションしたり・・・

物の見方をもっと広げるために、良書を読んだり・・・

何が出来るだろう?

工夫出来るところは何?

自問自答な毎日は、頭が痛くなりそう。

「青木さんは、自分のできないところに焦点当てる傾向があるから、もっと、できているところを磨けばいいんじゃない?」

森川コーチのFB!

本当だ!

そして、たった数回のクラスなのに、的確に観察し、ズバリ、踏み込んだFBをし、気付かせる。

気付いていなかっただけに、本当のことを言われた時って、正直言って痛い。

でも、私の成長に必要な言葉です。

マスターコーチの持つ、その魔法使いのような力を、私も得たいのです。

途方もなく高い山かもしれないけれど、歩み続けます。