ハルカデザインのバレンタインのカード

ハルカデザインのバレンタインのカード ブログ

雪の舞い散るマンハッタン。

すべてがキャンセルとなった今日は、

神様からのプレゼント。

あたたかなお部屋で

一時帰国の準備を進めています。

今回の一時帰国では、成田に着いたその夜の目黒で秘密会議に始まって、

最終日までスケジュールはびっしりです。

大好きな人たち,新しい方々にお目にかかれること、楽しみでなりません。

そんな中、ハルカの作ったバレンタインカード150枚が出来上がり、印刷会社から送られてきました。

 

ハルカデザインのバレンタインのカード

 

ハルカデザインのバレンタインのカード

 

こちらの有名な絵を元にデザインしたそうです。

アメリカンゴシックロマンスという有名な絵です。

ちょっと複雑な表情の二人の目に赤い💓がつけられると、くすっと笑えていいですよね〜

 

このカードの売り上げは、全額、ハルカの働くスロンケタリングという癌のリサーチセンターの研究費に寄付されます。

ハルカも自分の能力を活かした寄付を思いついて、とても誇らしそう!

早速、カード(1枚5ドル)を買いたいと申し出てくださる方もいらっしゃり、嬉しいかぎりです。

 

ハルカデザインのバレンタインのカード

 

とはいえ、紙も上質だし、印刷代も結構かかっているんじゃい?

と、ハルカに聞いてみたら、

え?

というほど高かった。

ブルックリンのエコでこだわったの印刷会社を見つけて、ぜひ、お願いしたいと思ったそうです。

 

気にいった印刷会社で、すごくいい人にプリントしてもらうのだから嬉しいんだ。

それに、印刷代は自分で払うからいいんだよ。

おじさんは、10枚もカードをおまけしてくれたんだよ。

 

ふむ。なるほどね〜〜

 

そうそう、お母さん、赤い封筒がいるから160枚、ペーパーソースで買って来てくれないかなあ?

 

ペーパーソースは、高いじゃない。ステイプルスの方が安いよ。買って来ようか?と私。

 

おかあさん、なんてことを言うの!?

バレンタインのカードだよ。

すべてに愛がなくっちゃ、愛は届かないんだ。

ハルカにとっては、値段よりも意味が大事なんだよ。

 

およよ〜〜〜

スミマセン。。。

 

ということで、最近は親を越えたな娘に、まいったな〜〜と思うことが多い今日この頃なのです。

コーチングを通じて、また、素晴らしい教師やメンタ−を通じて立派に育ってくれた娘を誇りに思います。