バッハコレギウム・ジャパン〜癒しの音楽〜

昨夜はバービカンで行われたバッハコレギウム・ジャパンの最後のヨーロッパツアーのコンサートに行ってきました。

曲は「ロ短調のミサ」

チケットを下さった方から「垂涎もののコンサートですよ」とは伺っていましたが、地味な大曲、マイナーな日本のオーケストラとコーラスだし、会場はガラガラかな〜と思いきや、ほぼ満員の観客で埋め尽くされすごい人気です!

知らなかったのは、私だけだったのか〜

指揮の鈴木氏は、白髪の断髪&ひげでオーラの溢れる存在です。
信念と自信、曲への理解と思いが、表情や楽譜をめくる指先に溢れ、ただ、ただ、凄い・・・という言葉しか出てきません。

1990年に生まれたこのオーケストラをここまで成長させてきたのは、この方ありきか!と唸ります。
ちょうど、コーチングでリーダーシップを学んでいるので、真のモデルを目の当たりにして、思いもさらに深まります。

会場の美しい木の色とオーケストラの古典楽器で奏でられる素朴な木の音。
何層にも重ねられて色合いを増す美しさに心が癒されていきます。

常にギアをトップにして走る私にもこんな時間が必要なんだと思います。

通奏低音を弾く奏者たちの楽しそうな事!
フーガの美しさ・・・
鈴木氏の安定したテンポと行き届いたアーティキレーションは、複雑な曲であるのに安心感を感じさせます。

音楽に癒される事を実感した夜でした。

この投稿をシェア!

4 件のコメント

  • Unknown

    バッハコレギウムジャパンはヨーロッパツアーだったのですね。大好きです!
    鈴木先生のオルガンのレッスンを受けるのが夢の一つ。最近練習さぼってるし、またがんばろっかな。

    7月は何とか行く方向で考え中です。
    この数ヶ月飛行機に乗るお出かけが異常に多く、何だこれは・・状態です。

    スケジュールとレッスン回数とお金と何とかなるかな〜〜。せっかく行くので・・と欲張るとレッスン回数が一番厳しい。これが一番融通利かないし、困った物です。でも、なんとかしたいな。お会いできるのを楽しみにしています!!

  • Unknown

    みいさん。
    優先順位の知恵を絞っていますね。
    さすが!

    「あ、無理」と簡単に片付ける人にはチャンスの数が少ないように思います。

    みいさん東京でのセミナー・レッスン報告会=生徒さん&お母様を集めてレッスン1回分、でどう?

    今後自分のセミナーをする時の良い勉強になると思う。ふむ。

  • Unknown

    なるほどですね〜〜。

    問題はその後にコンクールがあることだったりします。お盆もあれば、いろいろで・・・。

    よい勉強のために、一度お母様を集めて勉強会っていうのは考えてみようと思います。
    一番コーチングが必要なのは本人でなくて「母」という場合も多々ありますね。
    一番重要な人なので、是非関係良く、理解して頂いておきたいところです。

  • そうですね。
    先生に力がつくと生徒さんやお母様に新しい影響を及ぼす事ができますね。

    コミュニケーションがよくなると演奏も変わってきます!

    スケジュール、うまくいくとよいですね。

    当日はベンジャミン・ザンダー氏のコーチングによってチェロ奏者の演奏が変わっていく様子を目の当たりにできるそうです。

    チャンスです!

    でも、もし無理だったら、彼の著書「チャンスを広げる思考トレーニング」日経BP社 をお勧めします。

    私のバイブルです。

  • コメントを残す