プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜 ブログ

クライアントでプライベートシェフのあす子さんに、ケイタリングのお料理をお願いしてみました。

あす子さんは、プライベートシェフとしてお宅にお料理を作りに行ったり、

パーティの影武者としてキッチンに入ったり、

作ったお料理をケイタリングしたり、

お声がかかると、マンハッタンはもちろん、ニュージャージーからウエストチェスターまで、ピカピカの包丁と保冷使用のコロコロに食材を入れて、駆けつけてくれるのです。

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

午後6時。

すでに自宅で仕込んできたお料理の準備にかかります。

今日のメニューは、

*アスパラと海老

*トマトと人参のスープ

*帆立のリゾット

*鶏ムネ肉のしっとりソテー ラタトウユソース

*チーズケーキ

いつものキッチンがなんだかすごくおしゃれ〜

ワクワクしながら作る過程をワインを飲みながら、見学します!

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

出来立てを「はい、どうぞ」

お皿を差し出される喜び・・・・

なんて、贅沢なんでしょう?

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

今夜は、あす子さんも一緒に食べましょう!

ということで、みんなでカウンターに座りました。

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

黄金色のやさしいスープ・・・

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

ホタテがたっぷり乗った玄米のリゾット。

あす子さんは、NYの有名店、イタリアンはグリニッジグリル、マクロビはSOUEN、日本料理は百百川で修行したので、実力とセンスは抜群なのです。

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

さあ、メインが出来上がりました。

赤ワインの待つ、ダイニングルームへ移動しましょうか?

ふっくらジューシーチキンのおいしいこと。

楽しいね〜、おいしいね〜を連発する青木家一同。

見てください。

この笑顔ですもん!

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

デザートは、1台焼いて持ってきてくれたチーズケーキ。

「まだまだお代わり、ありますよ〜〜〜」ニッコリするあす子さんに、ハイッ!と手を上げる私たち。

レストラン以上においしくって、フレンドリーなお値段でやってくれてありがたい。

プライベートシェフにお願いするのは、マドンナとかセレブだけかと思っていたけど、

こんなに素敵な夜を時々エンジョイするのも良いなあ〜と心から思い、来月から月1回お願いすることにしました。

だって・・・

お母さん、昨日行ったウイリアムスバーグのレストランの半額だよ〜信じられる?

って、ハルカがこっそり教えてくれたんだもん♪

来月は、和食をお願いしました。

プライベートシェフに来てもらう贅沢な夜

食後は、おいしいお料理を作ってくれたあす子さんをねぎらって、ウイスキータイム!

いっぱい飲んでも、寝室へは5秒で行けます。

これは、ありがたい!と言っていたのに、

・・・絨毯に転がって爆酔していた夫です。