中学生のクライアントさんとのセッション

中学生のクライアントさんとのセッション ブログ

あれは彼女が5年生の時からだったかなぁ・・・

りえずむ塾で学ばれて、コーチングの良さを実感したお母さまから
娘にも受けさせてみたいのですが・・お話があったのは。

当時の彼女は、お友達とのこと、勉強のこと、お稽古ごとのこと、受験のこと
悩みが多く、口数も少なくてほとんど会話が成り立ちませんでした。

でも、将来の夢を聞いていくうちに、
徐々に徐々に、自分の胸の内を語れるようになっていきました。

その後、受験生ながらピアノを両立させると決めて
夏のコンクールでも素晴らしい成績を納め、憧れの難関校にも合格!

自信をつけて、彼女は変わっていきました。

今は、悩みこむ前にセッションで対処しているので、重たい話題はなくなり
今ハマっていることなどを生き生きと話します。
でも、ただ話を聞くだけではコーチング にはならないので、
そこから「どこに魅力を感じるのか」「そこから何を学ぶのか」など、
さらに考えを言語化し、深めるようにしています。

自分の考えがしっかりあり、深く語れるようになったなぁ〜と感心します。

さて今回。ちょっとチャレンジだけど、彼女なら・・と思ってこのカードを使ってみました。

中学生のクライアントさんとのセッション

このように選ばれた100の美徳、美徳についての解説がついています。

中学生のクライアントさんとのセッション
中学生のクライアントさんとのセッション

この日は、私がトランプのように切り、zoomの画面の向こうから
「自分を表す美徳のカード1枚」を選んでもらいました。
彼女が選んだカードは、この1枚でした。


中学生のクライアントさんとのセッション

私が解説を読み上げるのをじっと聞き入っっていた彼女の言葉は、

私、99の美徳の土台となっているすごい「真摯」のカードを引いた自分に、
単純にびっくりしている!
嘘・・?騙すこと?八方美人?
せぇへんな〜〜〜〜

と、笑いながら手を振ります。

そこで私はこう繋げました。

そうだよねぇ。
真実を告げるときに優しい心を持って・・というところ、
特に出来てるね。
中1の時、友達関係がややこしくなったあったじゃない?
あの時、自分から、自分で考えて
「ねぇ、みんな。もう一度、初めて出会った時に戻ってやり直してみない?」言ったことがあったよね。
なんと、リエさんには事後報告!
コーチ冥利に尽きる素晴らしいエピソードで印象に残っているよ。

彼女は嬉しそうに口をすぼめます。

ねぇ、同じように「真摯の美徳」を持っている人って、周りにいる?

しばらく考えていましたが、

う〜〜ん、いないなぁ。みんな、違うなぁ。

でもさらに、かなり長いこと考えて、叫びました。

あ!いた!一人だけ。

どんな子?

うん。割と一人で、自分のやりたいことを自分のペースでやっていて、
友達もそれを見守っている感じ。

自分を大切にしているんだね。周りの友達もその子を尊重しているって感じ?

そうそう。別に友達がどうこうとか、気にしていないんだ。
私もそういうタイプやな。

ふ〜〜ん。そうなんだ。
それって・・・・・


真っ直ぐに生きている人やな。


おお!いい言葉だね。ストレートに伝わってきた。
ふふふ。ということは、あなたも真っ直ぐに生きる人なんだね。
今も、これからも、まっすぐに生きていくんだね。


彼女は、自分のことがわかってもらえてとても嬉しそうです。


ね、どう?またこうやって、言葉を読み解いてみる?

うん!またやりたい。とっても楽しかった!!


中学生とこんな秘密の会話ができる私は、とっても幸せです。