具体的な目標を持っていますか?

NYでの音楽仲間のYさんがフリージアの花束を抱えてピアノを弾きにやってきました。今日は月に1度の連弾の日。ベートーヴェンの弦楽四重奏を連弾用にアレンジした曲を弾いています。Yさんは、経験豊かで音楽的な方なので一緒に合わせると自分の音楽性まで高められるような気がします。「なあに?あら、これ、いいわね〜」
私のレッスン室の壁に貼ってある生徒さんが書いた小さな今年の目標カードを見つけました。

「きれいな音を出したい。曲の色を感じながら楽しく弾きたい」(60代でピアノにカムバックされた方)
この方は、音色を求めて自らタッチにも気をつけるようになってきました。

「受験で受かるように頑張りたい。ピアノはもっと上手になりたい」(中学受験のみーちゃん)
「今までやってきたことを暖めなおして殻を破りたい」(みーちゃんのお母様)
受験勉強だけでも大変なのに 始めたばかりのピアノにも向上心を持っていたことを知り、こちらが考えさせられました。また、お母様もPTAや2人の子供達の送り迎えでお忙しいのに とても前向きです。殻破りのための具体的な目標やチャンスを作らなければ!と思います。

「ゆとりを持って楽しくレッスン」(レオノさん80歳)
せっかちなで性格で、まちがえると悔しがっていましたが、やっと失敗しても「ダメですな〜」と大笑いできるようになってきました。

上手にするのがすべてではない。テイラーーメイドのレッスンをしよう。
レッスンでこのカードを見るたびに生徒さんの夢や希望を大切にしていこうと思います。