初参加!NYのICFミ‐ティング

初参加!NYのICFミ‐ティング ブログ

 

勇気を出して、NYのコーチ達のミーティングに行ってきました。

ロンドンのICFのミーティングにも1度行ったことがあるのですが、ほとんど理解することが出来ず、沈没・・・

意気揚々と行っただけに挫折感が残っていました。

ICF(国際コーチ連盟)は世界中にあります。

NYでも、いつかは・・・と消えそうなロウソクの火のように思っていたのですが、ついに行ってまいりました。

 

私は、ICFでPCC(プロフェッショナルコーチ)の資格を取っています(もちろん試験は日本語)。

3年に1度の更新のために、46時間以上の継続学習証明書を提出しなければなりません。

その内容は、3つのカテゴリーに分かれていて、ICFの承認を得たコースで受けなければなりません。

申請は、英語で書いて提出します。

◆ICFコンピテンシーに関する学習

◆16時間までのコーチング恵実技、自己啓発、ツールとしてのスキル学習

◆6時間までの自己学習

 

今回の申請のために、帰国の度に全国で開かれている日本コーチ協会のチャプターのコースに参加しつつ、やっとの思いで時間を確保したのであります。

日本で受ければ、その内容もバッチリ理解できるし積極的に参加出来るのですが、

何分、セミナーの告知がギリギリです。

告知された時には、私のスケジュールがいっっぱいで参加できず。

無念の涙を出すことも度々・・

英語の提出書類はハルカに助けてもらって、やっと準備が整いました。

また3年後にこれをするのか・・と思うと肩の荷が重すぎます。

 

なので、勇気を振り絞って、昨夜はICF-NYCのコーチのミーティングに参加してみました。

住んでいる場所で証明書が取れれば1番簡単ですものね!

しかし、

なぜ、こんなに勇気が必要なのだろう・・・

と考えた時に、

 

参加するには、まだ早いわよ

行ったとしても、どうせわからないだろうから時間の無駄よね〜

ロールプレイがあったら相手に迷惑がかかるでしょ!

言っていることが伝わらなくて怪訝な顔をされたら嫌だな〜

受け入れてもらえないかも・・・

 

などといったエゴの声が聞こえてきました。

でも、

掘り下げて行ったら、

要は恥かきたくなかったんだ〜

ということがわかって、笑いそうになりました。

ちっぽけな私のプライドが色んな言い訳をしていたんですよね!

 

よしよし、わかったから。

学習証明の単位が必要なんでしょ。

まずは1回、行ってみようよ。

 

と、自分をなだめなだめ、

30分で到着する27丁目のオフィスに1時間も前に到着し、

なんの罪もない雨を恨めしく眺めながらスターバックスで待機していました。

いつもは恵の雨〜

運のいい私は晴れ女

な〜んて言っているくせに、簡単に雨が恨めしくなったり、運が悪いと思ってしまうのも、

私のエゴなんだな〜

と自分の感情を観察しました。

 

 

約50人ほどのNYのコーチ達は、50〜60代のコーチがほとんどで、明るくてカジュアル。

皆さん笑顔でむかえてくれました。

ロンドンのICFのミーティングではさすが英国!

紅茶が用意されていましたが、NYでは各自、買ってきたコーヒーなどを手に座ります。

挨拶は軽く交わしてクリア。

でも、ロールプレイなどで「誰かやらない?」となった時に、目を伏せてしまう自分が嫌になりかけました。

 

恥かきたくないとおもっているんだね。

いいんだよ。

わかる、わかる、

 

と、そこでも自分をなだめました。

いくつかのロールプレイをしたのですが、ルールがわからず、最後まで???でした。

でも、なぜかこんがらがってしまったのは私だけでなく、アメリカ人コーチ達にも何人かいて・・・

 

救われました〜

 

あ!これもエゴね。

 

ミーティングでは、簡単なロールプレイをいくつかしました。

2つのグループに分かれて列を作り、アイデアを言った相手にButと言わず、Yes and・・というロールプレイ。(3枚目の写真)

テンポよく、20回ほど交代して行いましたが、なんと、2人のコーチがButと言ってしまいました。(言ってしまっていることに本人気がつかず)

わかっていても、ついつい自分の意見を言いたくなるものなのだな〜とわかりました。

コーチがクライアントに、Yes,andと言った時の効果として

沢山の意見が出されましたが、

あるコーチの

Butではなく、Yes,andと言うことは、「その人」を学ぶためにとても良いことだ

との発言は、深くささりました。

 

無事にクラスを終え、家にたどり着いた時は、ふらふらです。

何とか逃げずに最初の一歩が踏み出せてよかったと思えました。

あ〜やれやれ。

と思っていたら、NYCのコーチ達からメールがいくつか入ってきました。

お返事書かなきゃ。

ランチのお誘いも!

ぐっと背伸びして、行ってみようかな?