占星術×コーチング

占星術×コーチング ブログ
占星術×コーチング

 

今日も、NYフィルのリハーサルコンサート。

ラフマニノフのシンフォニックダンスとイケメンピアニストダニール・トリフノフによるコンチェルト3番。

マザーズコーチのハナさんも行くというので、ご一緒しました。

 

今日の彼も、イケメンポスターとは違って生気にかけています。

ハードスケジュールで疲れているんじゃいのかな〜

と心配になりました。

 

でも、いざ演奏し出すとすごい!

呼吸も乱れず、全く力みが感じられません。

どうやってエネルギーをコントロールしているのか。。

う〜〜ん。コントロールなんて、そもそもしていないようにも見えます。

やはり、不思議なピアニストという印象を持ちました。

 

 

さて、ラフマニノフの世界を楽しんだ後は、ハナさんにお願いしていた占星術の鑑定タイム。

ハナさんはNYのマザーズコーチ,才能育成講座をマスターまで修了され、

既にマザーズコーチとして活動をスタートしているメンバーのお一人。

私は彼女とのセッションを通じて、厳しい占星術の修行のことやお子さんとの関わり、陰ながらの努力と成長を知っています。

そんなハナさんが、これから占星術×コーチングという専門性を活かして活躍するためにも、

ここまでの成果を知りたく、

また、コーチングを掛け合わせるとどのような感じになるのか、

実際に鑑定をお願いしてみました。

 

占星術×コーチング

 

生まれもった星の運命、その人の特性、どこの国に住んだらどうなるのか、などの解説。

そして、それをもとにどのような人生にしていきたいのか目標を設定し,具体的な行動を引き出します。

行動促進のためのスキルもバッチリ。

ストレートでニュートラルな伝え方にも好感を持ちました。

 

占星術×コーチング

 

さあ、さあ、ワインも飲んで!

おかわりオッケー!

ワイン好きなハナさん。グビッと飲んで、セッションは続きます。

 

星の動きを見ると、12月に●●に気をつけたほうがいいと出ていますが、それについて理恵さんはどう思いますか?

●●座がここに来ているから●年後には、こうなると出ていますね〜

未来に向けて、今から考えておくべきこと、準備できることはありませんか?

 

という感じ。

占いの結果を聞くだけじゃないんですよね。

私も十分考え話をします。

つまり、「星の導きをベースにクライアントが自分で考え、答えを出す」セッションなのです。

 

ヒーラーや占い師、サイキッカーの友人がいつもこぼすのは、

見えたことをクライアントに伝えても、それだけで満足してしまう人が多い。

実行しなければ意味がないし、継続しないと結果も出せない。

だから、コーチがいるといいんですけどね〜・・・

 

コーチに言わせたら、その人の生まれ持った宿命や強み、将来の見通しなどのデーターがあれば、もっと大胆なセッションも可能かも。

 

ハナさんは両方出来る上、ゴールまでしっかりサポートできる頼もしい存在。

新しい形の占星術×コーチングに期待しています。

このようなNY教育事情に関する連載記事も書いています。

とても面白いので、皆さんも是非読んでみてくださいね。