怖いほど引き寄せる

思うが叶うというけれど、良いことも悪いことも現実となってしまうことが多くて、びっくりしています。

ハルカに「お母さん、また呼んじゃったんじゃないの〜?」ってからかわれるほど!

ブリティッシュテレコムの件は、あの朝、ハルカに頼んでもう1度、カスタマーサービスに電話してもらいました。

のらりくらりの対応にさすがのハルカもブチ切れたそう。

「月曜日にエンジニアが家に見に来るかもしれないって。その前に連絡が来るって・・」

「フン!!!」

「あのさ〜。期待しない方がいいよ。月曜日って言ってても、それが、火曜日、水曜日と延びて、来週になるかもしれないんだ」と夫。

「わかってるッ!」

「仕事のことがあるからイライラするのはわかるけど、ハルカもよくやってくれてるしさ」

「カスタマーサービスへの電話がどれほど大変か、私だってよ〜〜〜く知ってるんだから!」

・・と珍しく声を荒げて、朝から喧嘩したのです。

かつての私だったら「そうよね」と飲み込んだのですが、今は「ありのままでいる自分」を求めて修業の身。

鈴木大拙「真宗入門」

野田俊作「アドラー心理学 トーキングセミナー」

池谷裕二「単純な脳、複雑な脳」

を三冊同時進行で読んで、多角的に研究している最中なのです。

しかも、いつものように読み飛ばすのではなく、赤線を引き、ノートにまとめて、何度も読み返して、実習中!

・・・それでも、早くエンジニアが来て、電話が使えるようになって!お願い・・・・と切に願っていました。

願いが通じたのでしょうか?

30分後・・・!まだ、土曜日だというのに、エンジニアが我が家に向かっていると奇跡の電話が!

やった〜〜〜!!!

仕事を終えたエンジニアに、思わず、大切なF&Mのシャンパンチョコレートを一つ上げてしまいました。

(そうそう、このチョコレートも「ああ、なんだかおいしいチョコレート、最近食べてないよね〜食べたいなあ〜」「あるの?」「ない・・・」といった会話の翌日に届けられたもの)

電話がつながった喜びの大きさは、長く待ったからかもしれません。

しかし。

なにか、安心出来ない気がしていました・・・

「ハルカ。ちゃんと契約通りに国際電話が安く使えるサービスになっているかもう1度確認してくれるかな?」

「普通さ、電話で1つ1つ確認しながら話を進めたから、間違わないよ」

「うん。でも…お願い!」

嫌な予感は的中。

やっぱり普通のサービスになっていました。

どうしてこういうことになるのか、本当に不思議でしょうがないけど、それでも英国は愛すべき存在であることには間違ありません。

後は、プロバイダーにネットをつないでもらったら(こちらは日本のKDDIなので大丈夫でしょう♪)2週間後にこの電話回線狂詩曲も終わりとなります。

6月の半ばから8月の半ばまで・・・

あああ、長かったなあ〜