打楽器奏者 竹島悟史さん

竹島さんは、自作自演の曲を国内外で発表、芸大では打楽器を専攻し現在、N響、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして、また洗足学園大で教える傍ら、ピアニスト、作編曲家として幅広く活動しています。

実は彼が「大学では、打楽器を専攻したい。でも将来打楽器で食べていくかどうかはわからない」と言っているらしいと聞いたときは、「ううむ。そんな甘い考えで大丈夫か。。。」と唸ってしまいました。打楽器といえば、面白そうだけれど、オーケストラでも地味な存在。
彼は、いつも中心で輝いているタイプだったからです。

でもそんな彼と15年ぶりに偶然再会したのは、あるコンサートでの事。
「このシンバル、すごく上手いな。」感心してプログラムに目をやると、なんと竹島さんの名前が!
ビックリすると同時に感動してしまいました。
オーケストラを支えつつ主張のある演奏だったのです。

思えば、彼の小学生時代もカウベル1発たたくのに命かけていたっけな。
マラカスがない時は、とっさに鈴を両手で握り締めて音を押さえてマラカス代わりに使う知恵も持ち合わせていました。
やはり、打楽器奏者は、天職なのかもしてません。

8歳だった悟史君も今や29歳。
堂々として、この人と仕事を一緒にしてみたいと思わせるようなオーラが出ています。
今後の活躍を注目しています。

2005/3/26
三鷹市芸術文化会館
自作自演のコンチェルト(今曲を書き上げ中)

2005/4/25(月)
神谷百子、竹島悟史デュオコンサート      洗足学園前田ホール

この投稿をシェア!

5 件のコメント

  • 初めてコメントします!
    理恵さん、こんな素晴らしい生徒さんを育てていらしたのですね。 ひとりの人間が本人の持つ才能を活かして、見事に花開かせつつあるのを見るのは、本当に気持ちの良いものであり、心踊るものですね。 
    願わくば自分にも何か向いているものがあって、誰かに見出されるか、もしくは何かをきっかけに自分で気付き、それを少しでも伸ばしていけたら、こんなに嬉しいことはないようにおもいます。 今からでも遅くはない、そんな素敵な奇跡が起きてほしいと、心から願うこの頃です。

  • チューリップAYAさん。ようこそ
    だれにでも夢や才能はあるはず!
    でも、現実の生活に追われて、本当にやりたい事をみつけるのはますます困難になってきています。ちょっと芽が出ても否定されてしまったり行動に起こす勇気がでなかったり。。。
    そんな自分探しのお手伝いもコーチはします。
    リエ先生の無料コーチングを1度受けてみて!
    やりたい事を一緒に探して夢を達成する為の第一歩をサポートします。
    あ!でもコーチは何も教えません。
    答えを見つけるのはクライアント本人だからです。さまざまな角度から質問をして考えを整理するお手伝いをします。
    どうぞ、メールをくださいね。

  • 自分探し
    先生は、素晴らしい生徒さんを育てていらしたんですね!
    教え子が夢に向かって見事に花開いた姿を見るというのは、本当に先生冥利に尽きますね。
    大きな夢でも小さな夢でも、それに向かってひたむきに頑張る姿は、素敵です
    私も小さな目標ながらも、リストの曲を素敵に仕上げたいという山に向かって、ひたすら頑張ってますが、やはり頑張ってる姿を見てくれる人はいるんですね。
    子供が毎日練習している私を見て、今までちっともクラシックに興味のなかった子が、少し
    反応してくれるようになったんです。これだけ
    でも頑張っている甲斐があります
    やはり何かに向かって頑張るという姿勢は、どんな形であれ大切なことだと、このごろ痛感する私です。

  • うちのミモザが!
    (咲かないミモザ)として近所で評判だった我が家のミモザが、今年とうとう咲きました。今まで、剪定の時期を間違えていたんだよね。枝葉が茂ってきたからと、せっかくついた花芽を切ってしまっていたのよ!去年から、少々ボサボサでも枝を伸ばしたままにしておいたところ、ようやく咲いたのです。うちのミモザも花を咲かせる能力は持っていたんだよね。それなのにまだ全部の枝に花がついたわけではないけれど、いつか満開になるといいなぁと思っています。

    悟史さんはまさに、りえちゃんに花芽を伸ばしてもらったんだね

  • みんなで花を咲かせよう!
    なおりんさん
    本当に素敵なリストになりつつありますよ。
    しかも、自分ひとりじゃない、応援してくれる子供がいるなんて、しあわせですね。なおりんさんもお子さんの夢を応援してあげて!

    ねじ花家のミモザ開花
    おめでとう!こちらもご近所みんなで喜んでくれて幸せなミモザです。
    北鎌倉のアジサイは、6〜7月がピークだけれど、みんな枯れきった頃、1つだけ咲いたアジサイがありました。けなげで可愛らしくて涙が出そうだった。通りがかるたび「良く咲いたね」と声をかけた去年の夏です。そんなアジサイに「遅れて咲いてバカじゃないの」なんて言えないよ。

  • コメントを残す