靴を磨く

夫は、とってもおしゃれな人です。

いつも同じスーツと思いきや、裏地の色が違っています。
今のシーズンは、スーツの裏地とワイシャツ、ネクタイ、ポケットチーフ、パシュミナのマフラーを同系色や絶妙なバランスでセンス良く揃えるといったニクイ演出をしています。
また、季節感を大切にするので、バレンタインの日はピンク系、イースターは暖色と黄色、など楽しむのが大好き!

ワイシャツは、ダブルカフスのアラン・フィガレ。
クリーニングで穴が縮んだのか、力ずくでカフスボタンをねじ込むことも多いようですが、めげずにカフスボタンは毎日着用。

ネクタイは、きれいなグラデーションで色別に揃えてあります。

ズボンのプレスは信用のない私には任せず、自分のお気に入りのアイロンでバッチリプレスします。
ですから間違いなく1ッポン、筋が通っています!(私がすると2本になることもあり)

一緒に出かけるときなど、「あら。また着替えてる」
直前に私の洋服と色を合わせ着替えなおしたりする事もあります。

さてさて、靴に関しては、月〜金と曜日別の靴を持っています。
同じ靴を2日履くと痛むから続けて履かないってワケ!

朝、さっと磨き、帰宅してからもさっと汚れを取り大事なシューキーパーを入れ、週末は全足並べて靴磨き。
1滴の水を垂らし、クリームを刷り込み顔が映るほど磨き上げます。

「ほ〜ら!ピカピカだよ〜!」

高々と差し出したのは、私のパンプス。
ちょと、それ最近履いてないよ。。。
でも、有り難いことです。

そんな夫が「ねえ。靴下に穴があいちゃったんだけど、かがってくれない?」
と持って来ました。
会社に履いていく黒い靴下です。

「え〜!そんなの今時使い捨てでしょ。ストッキングと同じよ!
 それに全部同じ靴下で揃えてるんだから1つ穴あいても反対が残ってるじゃない。
 セットにすれば、まだまだいける」

「でも、でも。イギリスの紳士は、穴を繕って履くらしいよ。。。」

「そうか。やってみるね!」(・・・わかったよォ)

何十年かぶりに靴下に当て布をして繕う私です。

イギリスに来て、靴下を繕う私。テムズ川がどぷんどぷんと音を立て、静かな夜がふけていきます。

こんな生活も悪くないなって思います。

この投稿をシェア!

8 件のコメント

  • おしゃれ〜
    「お洒落な人は、足元をみれば分かる」とよく言います。
    旦那様、オシャレなんですね。
    素敵です。

    >イギリスの紳士は、穴を繕って履くらしいよ。
    そうなんですか!初めて知りました。
    わたしも小さい頃は、穴のあいた靴下は、母が繕ってくれていました。
    それが当たり前・・・と思っていたので、別段気にしていませんでした。
    ところが、今私がそうしよう・・と思うと家族中が「なんで!?みっともないじゃん、こんなのはいていけないよ」と言われます。
    もったいない・・・と思うんだけど。
    1人で自分の分だけ繕ってはいています。
    旦那様はえらい!と思います。
    その精神をうちの家族に分け与えて欲しいぐらいです。

  • まさに!
    今朝のいでたち、チェックしました。
    ツィードのジャケット(裏地赤)に黒のタートル、ポケットチーフは黒地に細かい赤の水玉です。
    靴はスェードでした。
    金曜日はいつもこんな感じです。
    タートルを着ると大学教授か作家に勘違いされるのでお・き・に・い・り

    NYで買った薄手のかばんの色が飴色になっていくのを愛でつつ出勤して行きました〜!!

    ついていけませ〜ん。

  • そういえばイタリアでは
    元亭の実家(イタリアの中流階級)でも靴下は皆繕ってました。何とそれ専用の木で作った卵の形をしたものがありそれを中に入れて多分伸び縮みを考えてうまく繕っていたようです。私もやりましたよ。

    それから姑には靴下はちゃんと膝下までの長さで紳士は腰掛けても素肌のすねをさらさない、と言ってました。

    というわけで倫敦に来ても思わずチェックを入れてる私。かなりの数のすねを見かけたような。。。(繕った靴下はチェックが難しいよね)

  • 素敵!
    ご主人様、私もユンディのコンサートの時にひと目お目にかかっただけですが、さりげなく素敵な方だなって思いました。う〜ん、うちの夫にも爪の垢を煎じて飲ませたい!
    せめて息子に期待したい私ですが、父親の背中を見て育つって言いますからね…。期待薄かも。

  • おじゃれたおやじ
    ご主人間違いなく視覚系ですね!
    でもなんておしゃれ☆
    今日本では、
    こじゃれたおやじ!
    が流行りつつあるそうです〜
    あっ失礼…
    きっとイギリスではダンディーって感じですよね!

  • そうなんですか・・・
    うちの主人は、あるものを上から順番に着ていく人です。本当に、もう少し気をつかってほしいくらいです。

    今の、役職になったとき
    それでも、仕事で必要と思ったのか
    スーツやジャケットを、何着か仕立てていました。インターネットを駆使して。

    私には、できあがったものが、どれも
    同じようなものにしか見えないのですが。。。

  • みなさま。ありがとうございます!
    私はおしゃれ感覚がないので、夫とハルカがデザインやスタイルの話で盛り上がっているのを羨ましく思います。

    色づかいや素材にこだわって、美しい感性の世界を持っています。
    安物買いの銭失いは、めったにしないですね。

    夫の古くなったエルメスのネクタイをもらって、ジーンズのベルトにしていたのは、中学生のハルカ、いや小学生だったか???

    でも、二人ともドンくさい私を馬鹿にしないところが偉いんです。

    みなさんのお話を伺って、本物志向&堅実の夫のよさを再認識しました。
    家の中のスタイリストを尊敬して目を養わなくっちゃいけません。ね。

  • コメントを残す