35歳だった!

35歳だった! ブログ

今週号(8月8日発売)のNYジャピオン「35歳だった」のコーナーに載せていただきました。

ライターの手代木さんが、とてもステキな記事にしてくださっています。

 

35歳だった!

 

ジャピオンはNYの生活情報誌で、55ページにも及ぶカラーページに楽しい読み物や役立つ情報がいっぱい!

NYをはじめとして、マサチューセッツ、メリーランド、ジョージア、バージニア、カルフォルニアに無料で配られる23000部もの発行数を誇る情報誌なのです。

 

35歳だった!

 

このインタビューのお話をいただいた時は、正直、「私なんかでいいの・・?」と迷いました。

 

でも、ハルカが

お母さんはすごいんだよ。香港、NY、北鎌倉、ロンドン、NYと移動するたびに、ゼロから立ち上げて来た。

そんなこと出来る人は、そんなにいないと思うよ。

そこから天職を2つも見つけることができた。

きっと、誰かの役に立つよ

と言ってくれて、

 

単純な私は、

それも、そうだ・・・・

と思い、インタビューをお受けしました。

 

我ながら、ホント単純だな〜と思います。

 

でも、なんということでしょう!

インタビューのお約束の時間を勘違いして、セッションとダブルブッキング〜

ライターの手代木さんには、近所のカフェで、お茶をしながらお待ちいただいて、その後にお話となりました。

 

そんなこんなで、何の準備もせずにお話は、スタート。

あれも、これも、

随分長々ととりとめもなく話してしまいましたが、

さすがプロですね!

わかりやすくまとめてくださいました。

私にとっても人生を振り返ることが出来て、有意義な時間。

 

そして、お詫びの印にランチにお付き合いしていただいたのですが、

そこでは、私がインタビュー。

楽しいお話を聞かせていただきました。

 

さて、今週号のジャピオンには、式部会つながりの方がいっぱい!

 

35歳だった!

 

手作りコスメのクラスのゆみさんや、

 

35歳だった!

 

ヨガのクラスをしていただいたこともある、きょうこさん。

 

35歳だった!

 

落語のクラスにお越しいただいたマーチンさんは、お三味線の先生でした。

 

見逃せないのが、NYの食材で作るお料理レシピ。

私の楽しみのひとつ。

 

そうそう、あれからずっと考えてきたのですが、私の第3の天職。

思い当たりました。

全く持って自然体。

それは、

駐在員のゆるふわ妻です!