JCOP、6月のプログラム『抑圧と投影』レポートと参考資料

JCOP、6月のプログラム『抑圧と投影』レポートと参考資料 ブログ

JCOPは、国際コーチ連盟の正会員によるオンラインの勉強会で、毎月1回開かれています。

下っ端の私は、クラスに参加するだけでも目からウロコの連続で有り難がっていたのですが、

なんと今年から、持ち回りでクラスを担当することに!

うわーーー

困った。

 

でも、色々考えた挙げ句、カウンセラー&セラピストとして学んできて、

コーチングのセッションでも役立っている『抑圧と投影』を取り上げることにしました。

 

人の心って大切。

抑圧と投影は、私自身学んで5年経ちますが、とても奥が深く、実は未だに自分のものとはなっていません。

でも、これを機会に学び直して、自分の言葉で人に伝えられるようになりたいと思いました。

 さらには、クライアントの心を取り扱うコーチとして、私の学びと経験が役立てればと思いました。

とはいえ、JCOPには、NLP、セルフマネジメント、カウンセラーなど、クライアントの心を取り扱う大御所がひしめき合っています。

 

 

 

JCOP、6月のプログラム『抑圧と投影』レポートと参考資料

 

ちょっとくじけかけた時に、

私の大好きなICF初代会長のシェリルリチャードソンが、

「これは、素晴らしいの。ネガティブな感情をあっという間に解放できるの。安全でとても良いの」

と、セミナーでEFTを紹介しているビデオと出会いました。

同じ方向を向いていたことが嬉しくって! 

よし!これでいってみよう。

覚悟が決まりました。

 

私は、心の仕組みについて、ロンドンで溝口あゆかさんのイングレイテッド心理学のでカウンセラー養成コースで学び、

抑圧投影は、師匠の小貫淳子さんの元で学んでいます。

あゆかさんは、最近は非二次元についても書かれていますが、

ぎっしりと事例と解説の詰まったこのブログは素晴らしく、本当に価値があると思います。

 

また、コアビリーフを探る時に参考にしているのが、バイロンケイティの4つの質問の本。

彼女の問いかけの様子は、ユーチューブで見ることができます。

シンプルで暖かく、深く、本当に素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

思い込みから抜け出すための『箱ワーク』として、加藤典子コーチからも学びました。

箱本は、何冊か出ていますが、どれも奥深く、何度も読み直しています。

 

JCOP、6月のプログラム『抑圧と投影』レポートと参考資料

 

そしてこちらは、クラスの中で御紹介したEFTです。

日本にも、EFTの協会があるようですね!

EFTでは、痛み、悲しみ、怒り、恐れ、不安など、あらゆるネガティブな感情を解放することが出来るので、

クライアントの行動が起きにくく、何かかしら感情に滞りがある時は、このテクニックを使っています。

 

 

 

 

 

 このテクニックを行うには、特に資格を取得する必要もないし、

とても簡単!

私でよければ、いつでもお伝えします。

どうぞ、セッションをお申し込みください。

 

 

さて、私は来たるべきこの日のために、ずいぶん前から準備して、万全の体制を整えてきました。

前日に参加者チェック。

9名。

よし。いつも通り!

 

スタンバイしていましたが、

なんと当日は、予想を超えて参加者25名にもふくれあがりました。

予定を変えてワークを減らし、もう後は力づくで走り抜けるしかなく。。。

本当は、もっと皆さんのお声も聞きたかったのに、ごめんなさい。

私には精一杯でした。

終わった時は汗びっしょり。

でも、初めてなのに堂々とよく頑張ったね!って、自分を褒めたい気持ちでいっぱいです。

 

ご参加いただいた、

赤木広紀さん、足立博俊さん、荒木まさえさん、生嶋幸子さん、猪俣恭子さん、伊藤三恵さん、

真島則子さん、運営スタッフの國井あや子さん、斉藤知江子さん、境英利さん、佐々木のり子さん、

鱸伸子さん、二本松ちえさん、長谷真子さん、運営スタッフの谷田秀子さん、原口和子さん、樋口富砂子さん、

宮崎順一さん、宮本美和子さん、山田浩史さん、三好智玄さん、山家正尚さん、横山みどりさん、渡辺照子さん、

そして、JCOP代表、とりまとめの吉田典生さん。

 

ありがとうございましたーーー!

経験豊かで、爆走する私を受け止めてついてきてくださった皆さまのおかげで、無事に終えることができました。

感謝してもしきれないほどです。

今回の体験を次回に活かし、

今度はもっとポイントを絞ったお話が出来ればと思っています。