あえて、捜さない

ビジョンが明確にならないなあ・・・

お正月ごろから、気になっていました。

捜そうとするほど、隠れてしまうのです。

今日のセッションで、思いきってマイコーチに聞いてみました。

「ビジョンとは、自然に湧き出てくるもの。無理に捜してもだめです」

コーチングを学びはじめて5年間というもの、ずっと泉のように湧き出ていたビジョンとそれに基づく行動計画。

ドキッ 枯れちゃったの・・?

よく考えてみると、叶えたい夢は叶えつくし、今、出来る事はすべて達成した感じがします。

不可能を可能にし、上に上に、もっともっとと努力してきました。

今は、達成感とともにちょっぴり寂しい感じがします。

そういえば、コーチになりたての頃、ICFマスターコーチ(私から見たら天上のコーチ)に、「青木さんの無心のやる気とパワーが眩しい」と言われて「?」と思ったことがあったことを思い出しました。

きっと、ロンドン生活をしながら私が出来ることに、ひとくぎりついたのかもしれません。

勿論、もっと大きなプランは、3つ4つあります。

でも、それが今のタイミングかと言うと、「違う」と思う私がいます。

「5月までは、ビジョンを捜さなくてもよろしい」

なんと、マイコーチは、そう断言しました。

肩の力がす〜〜〜っと抜けていくのを感じます。

そうか。5月までは、手放していいんだな・・・

「でも、コーチ足る者、クライアントのモデルとなり、常に前向きに成長すべし!と思っていました」と私。

「あなたは、ビジョンを間違えて捕らえています。僕だって、そういう時もありました。湧き出てくるのを待ちなさい」

「・・・」深く感じ入っています。

「僕は、押し付けていますか?」

「いえ!いえいえいえ!」

さすが!重鎮コーチの言うことには重みがあるな〜って・・

ちょっと畑を耕すのをお休みして、寝かせましょう。

種を蒔くのは、もう少し待って・・

どんなビジョンが生まれてくるのか、実験です。