ウィーンフィル・クリムト・そしてホイリゲの夜

ウィーンフィル・クリムト・そしてホイリゲの夜 ブログ

ウィーンフィル・クリムト・そしてホイリゲの夜
ウィーンフィル・クリムト・そしてホイリゲの夜 ウィーンフィル・クリムト・そしてホイリゲの夜

楽しい旅の報告も、どんどんしなくちゃ!

毎日起きる素敵な出来事を書くことができないわ・・

ウィーン2日目は、あこがれのウィーンフィルを小澤の指揮で聴く。

という予定でしたが、小澤さんが急病のため、いつもロンドンで聴いているダニエル・ハーディングの指揮となりました。

切れ味がよくって集中力バツグンの彼の指揮は大好きです。

武満徹の黒い雨は、ずっと後まで心に残る素晴らしい演奏だったし、ブラームスの2番も聴けて夢のようでした。

午後は、ベルヴェーデ宮へ。

これまた大好きなクリムトの作品をじっくり味わいました。

「ホイリゲに行きましょうよ!」とマナコさん。

なにやら楽しげな名前のホイリゲとは、ウィーンの郊外にある居酒屋のようなところです。

ベートーヴェンが遺書を書いたという家のすぐそばにあるその店は、葡萄の棚の下にテーブルが並び、アコーディオンの生演奏の中で、ウィーンの名物を楽しむことができます。

本場のウィンナーシュニッツェルは、サクサクしていておいしかったわ!

その他、おもしろそうなお料理をたくさん食べたけれど、どれもこれもが美味でした。

ファルファルさんとマナコさんの温かいおもてなしに感謝して・・・

ベニスに向かうのでした。