Riezm Academy

ガチンコ勝負最終回 さわちゃん

ガチンコ勝負最終回 さわちゃん

 

人生の目標を見つけることを目標にしてきた3ヶ月。

長引いた就職活動と、それにより落ち込んでしまい、本来の目標達成のために努力しなかった・・・と感じています。

 

就職活動のほうは、ようやく内定をいただくことができました。

まだその会社に行くと決定したわけではありませんが、一安心です。

私ももちろんですが、応援してくれていた周囲も。

 

 

今後の目標として・・・「目標設定+第一歩」という題名で3つ作りました!

    スケジュール管理

    否定語の自重

    感謝を伝える

です。

 

    についてですが、コーチングの課題提出でも数回あったように、私はスケジュール管理が甘いです。

わかっているつもりで、一週勘違いしたり、日にちや時間を勘違いしたりしているので、スケジュール帳にしっかり記帳・確認していこうと思います。

 今までもやろうやろうと思って、毎回ぐだぐだになっているので、今回はもうすこし具体的に・・・

(第一歩として)

待ち合わせ時間があるなら、その20分前!

締め切りなどの期日は2〜1日前!

に記帳して、守るようにしようと思います。

約束の時間や、日から動き始めるという感覚を直さないと。

 

 

    は、社会人になった友達と話していて、社内でのやりとりでは上司の注意を素直に聞くことが第一歩。という言葉からです。

その話をきいて、今までの文章を読み返してみました。

そうすると、否定後が多いことに気がつきました。あと、逆説とか。

でも、だって、ただ・・・という言葉を使わないようにしてみようと思って注意していると、同じ内容でも言葉の言い回しがまったく違うことに気づきました。

今まではある意味素直に思ったとおりに話していたので、今後はあまり使わないように考えて文章を作ってみようと思い、実践中です。必要以上の否定・逆説はつけなくてもいい。

青木さんのセラピーでわかった、私の劣等感が、否定語多用のひとつの原因なのかもしれません。

劣等感をほったらかしにしないで、言葉から?寄り添っていこうと思います。

 

    これは今まで身近なところでは就職活動、留学、学校生活など、さまざまな場面で私を心配し、応援してくれた人にお礼を伝えよう!と思って設定しました。

内定をいただいたこともあり、支えてくれた仲間にお礼参りをしようと思って東京に行きました・・・が、面と向かってしっかり感謝を伝えられず、逆にお祝いまでしてもらいました・・・。

毎回会いに行くわけにもいかないし、相手の時間も取ることになるので、手紙を書こうと思っています。

遅くとも年内にはお礼を伝えたいです。そのために、手紙を書く人をリストアップしていきます。

今までは書こう書こうと思って〜というのが多かったので、ちゃんと誰に対して行動するのかを明確にさせて、取り掛かります。(フロム ナウ!)

 

 

最後になりましたが、青木さん。

課題もやらずに落ち込んでばかりいる甘えん坊の私を見守ってくださって、ありがとうございます。

ふにゃふにゃの私ですが、来年からは社会人(たぶん)

ぶっつけ本番で何とかしていこうというだけでは、やっていけないと思うので、今から少しずつ目標設定&第一歩をはじめていきます。

 

 

さわちゃん

就職、内定おめでとうございます!

さわちゃんの良さをきちんとわかってくれる会社があるはず。

そんな会社に出会えるまで、最後まで、頑張ってほしいと願っていました。

本当に良かったです。

私もほっとしました〜。

 

今回のレポートのさわちゃんは、とても素直に自分を受け入れているのが感じられます。

この3カ月間、体の中で嵐が吹きまくって苦しかったでしょう。

「ダメだ、ダメだ」というエゴの声がどんどん大きくなって、「私だって出来る」という本当の自分声がかき消されてしまいました。

孤独で、怖くて、不安でいっぱいだったよね。

 

でも、そんな時、そばにいてくれる家族や仲間がいました。

私も、さわちゃんが「助けて!」と言って来るのを見守っていました。

 

さわちゃんは、一人ぼっちじゃないんです。

そう、さわちゃんは一人ぼっちじゃない。

 

ちゃんと内定を出してくれる会社もありました。

今度迷子になりそうになったら、この言葉を思い出し、心に刻んでみて!

 

私は、守られている。

私は、守られている。

私は、守られている。

 

自分の居場所と存在が感じられ、心が落ち着くはずです。

 

さわちゃんは、よく頑張ってきました。

自分で感じている以上に、ストレスがたまっていると思います。

新学期が始まるまで、ゆっくり過ごし、「よくやったね。ご苦労様」と、自分をねぎらってあげてください。

もちろん、周囲の人もねぎらってくれると思うけれど、さわちゃん自身が自分を褒めてあげることが1番です。

 

でも、もし、否定語が頭に浮かんだら?

 

それを続けて行くとどうなるか、

こんな風に否定的に考えて、自分は気持ちが良いのだろうかと、

ちょっと立ち止まって、よ〜く考えてみてね。

 

どこに入社したとしても、さわちゃんが、今のさわちゃんである限り、うまくいきます。

さわちゃんらしく一生懸命やるのはいいけれど、気に入られようとしたり、誰かになろうとしては、いけません。

人に焦点を合わせようとするとと、軸がぶれるのです。

 

すべては、自己責任。

自分の足で立ち、自分で決める。

ありのままの自分に責任を持つのです

未熟でいいんです。

うろちょろしない。

今をしっかり見つめる。

今は、まだ未熟だけど、もっともっと成長して、みんなと楽しくやっていきたい・・と思っているさわちゃんがいる。

そうでしょ?

さわちゃんは、受け入れられたい人なんです。

なのに、自分が自分を受け入れていなかった。

だから、これからは等身大の自分を受け入れ、一杯愛してあげるようね。

これが私からの課題です。

3カ月、一緒に過ごしてくれて、ありがとう・・・

さわちゃんから、私もいっぱい学びました。

もう1度言うね。

ありがとう。

 

 

 

 

 

レポート/セッション動画の最新記事4件