ガチン勝負5本目 しゅんさん

ガチン勝負5本目 しゅんさん レポート

          ガチン勝負5本目 しゅんさん

■この10日間の概要
この10日間は激動でした。大きく二つの要素がありました。
一つは以前から所属している団体での活動が佳境に入ってきたこと外資系消費財メーカー会長とベンチャーCEOの方々を招いて関西で800人規模の企画運営に向かって活動しております。その打ち合わせを徹夜でしたり、別の企業の上層部の方々に営業に行きました。
二つ目は前回お話したロスでのビジネス合宿の事前課題に追われておりました。「現地で資金を調達するためイベントの企画・運営」や「ビジネスプランをより進化させて提出せよ」といった課題があります。そのため毎日会議が2〜3個あります。

以上がこの10日の概要です。
激動でした
■10日間にした活動
① 早起き
② ロスに向けての事前課題への取り組み
③ 外資系企業会長に会う。他にも営業に廻る
① 早起き
大体毎朝6時には起きてました。理由は毎朝6時からスカイプで会議があるためです。
② ロスに向けての事前課題
「日本の財・サービスをメキシコに輸入し、販売する」。これがミッションでそのプランをA4、20枚程度でまとめる訳です。現在1.ブックオフのようなリサイクルビジネス2.ゴキブリホイホイ3.キョーサイの青汁の三つでプランを書いております。毎日、調査して書く、メンバー5人で会議と大忙しです。
③ 外資系企業会長にお会いしました。僕の団体にパートナーとして今後長期に渡って協力して頂ける事が決まり本当に感激でした。こんなスゴイ方と一日話す事ができてとても満足でした。またバングラデシュから新しいブランドを発信させた女性にもお会いしました。

■前回の目標
1.自分をよりマネジメントする事
 具体的には、①毎朝6時起きること②毎日朝と寝る前に5分だけ使って計画の見直しをすること。③あとは実行!
→達成度は40%ですね。現在、朝・夜の計画の見直しなどは全然できませんでした。現在のように忙しくなるとそのような行動が必要不可欠だと思いました。また
2.卒論を70%程度は仕上げる。
→ほとんど卒論に手をつける事ができませんでした
3.次の二週間はうまくいけばソーシャルビジネスの経営者の方、外資系消費財メーカー会長にお会いできるチャンスを掴めると思います。その時、質問を最低2つすること。
→お会いする事は実現しました。質問どころ僕達のために時間を割いて頂き、とても有意義な時間を過ごす事ができました。
■ 次回の目標
単純化します。
計画を立て、毎日朝・晩にそれを見直し、実践する事です。
 
■所感。大きく3つあります。
① 会議への遅刻・寝坊は自分の信頼を大きく損なう事なので絶対にしてはいけない、という事です。現在は朝3時まで会議をしても次の日6時からスカイプで会議が当たり前です。絶対に起きる方法を工夫する事が大切だと思いました。
② 忙しい時期をどうやりくりするか悪戦苦闘する事が成長に繋がるという事です。現在、僕は一つの団体でとても忙しいのに卒論、英語の授業での発表、またロス合宿の課題などに追われ、睡眠時間は毎日3〜4時間で活動しております。そしてそんな状況に愚痴を言うのではなく、それをプラスに捉えよう、と外資系企業会長がアメリカでMBAを取得した時の話を聞いて思いました。それはこんな話でした。「MBAは毎日一つの授業の事前課題のため5冊ものビジネス書を読めと言われる。物理的に不可能。でも実際のビジネスの現場ではそんな状況ばかり。とても全てを網羅する事なんてできない。いかにポイントを掴み、優先順位をつけて効率的に動くかが必要。その力がMBA学んだ際、身についた。そしてその力は転職しようがビジネス以外のフィールドであろうが自分の財産になっている」です。
③ 一瞬のチャンスを掴むこと。二度と現れないから。 先週、山口絵里子さんの講演会に参加しました。「最前列で見たい」と会場の方にお願いすると何故か関係者席に座らせて頂きました。そこで待っていると山口さんが僕の目の前の席に来られました。講演前に話しかけるよりは、講演後の方がいいだろうと「小利口さ」が出てしまい、話しかけませんでした。しかし講演会後は即座に退席され、お話する事ができませんでした。あれは千載一隅のチャンスだったのです。それを今後は認識してチャンスを生かせる人間になりたいです。運がいい、悪いと人はいいますが、基本的にそれは平等で自分で掴むか掴まないかの違いであると肌で感じました。

しゅんさん

おお!しゅんさんワールド炸裂ですね。キラキラしている・・・みんなをまとめて生き生きと活動されている様子が目に浮かびます。

早起きも頑張っているんですね。自ら遅刻、寝坊のリスクに気づいたことが大きな進歩。社会人になって気付く人って結構いるからね。さ〜て、では、どうやって早起きするか!このテーマは、クライアントさんとも良く話すのですが、ネタをご紹介。

強力な目覚まし時計の数を増やし、手の届かないところに置く。(逃げ回る目覚まし時計もあるそうです)くいしんぼうさんは、美味しい朝食を用意しておいて、それを楽しみに起きる。ベットに戻らないように部屋を暖かくしておく。30分前には起きて美味しいコーヒーを飲みながら待つ。寝る前に10回、明日起きる時間を念じる。

すべては自己責任です。

念じると言えば・・・私は寝る時間を有効利用しています。眠りのなかで潜在意識に自動操縦させてアイデアをまとめます。目覚めてもすぐには起きず、半分覚醒した状態で、今日一日をさっとリハーサル。すごくうまく行っています。

*お勧め本  一日を24時間にして夢をかなえる 中井隆栄

          成功習慣  中井隆栄

あれ?中井さんは、しゅんさんの大学の先輩だ〜 魅力的な方ですね。いつかお会いしたいなあ。その時は、アレンジお願いね。

直感を信じて動けるといいよね! 山口絵里子さんに声をかけられなかったのは残念だったけど、逆に、まだその時期じゃないよ・・と直感が教えてくれたのかも。次のチャンスでは、もっと成長して山口絵里子さんとお話ししてください。信じています。