セミナー1日目 熊本バスティーン研究会

セミナー1日目 熊本バスティーン研究会 レポート

成田から羽田へ。そして熊本空港に到着。

長旅でしたが、両サイドの奥様と仲良しになって楽しかった〜

熊本空港からは、アメリカ在住のロシア人女性科学者と仲良くなって、子育ての話で盛り上がりました。

どこにいても友達が作れるのは、私の強み。 

一人で寂しかったり、退屈することはほとんどありません。

さて、セミナー初日は、緑に囲まれた格調高い熊本劇場の一室で、バスティーン研究会の先生方を対象に『話を聴く』セミナーをしました。

バスティーン研究会にお呼び頂いたのは、広島バスティーン研究会に続いて2回目。

先生方は明るく熱心です。

何とバスティーンのコンサートでは、先生一同、ゴスペルを披露するそうです。

ガーデニング、図書館通い、パン作り、ダンス、アロマセラピーなどなど、仕事以外に趣味をお持ちの先生が多いのも特徴です。

そのせいか、明るく開放的なゆとりを感じます。

それに、みなさんユーモアのセンスがあって、ジョークがうまい!

熊本弁のジョークは、ほっこりしていてなごみますね〜

同じ内容のセミナーに何度も来て下さっている先生方が何人かいらっしゃると知って、この日は最新情報の潜在意識にアクセスする聴き方をシェアしました。

コーチの聴き方よりもさらに深〜く、過去の記憶にアクセスして本心を探っていく聴き方です。

「あらら〜青木センセ。何か見えん?」

いえいえ、私は霊媒師じゃないから、見えないんですよ〜

聴き方を学ぶほど、相手の方は自らの胸を開いて話をしてくれるようになります。

そんな時、「よくぞ話して下さった・・」と、私は感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。

ピアノレッスン室は密室です。

先生も生徒も、率直に自分の考えやアイデアをさらけ出しながら、共通のゴールに向かってリスクを恐れずに前進してほしいと願っています。

熊本では、ピアノ教師&コーチの常定先生が、コーチングレッスンの練習帳を使って、勉強会を開いて下さっており、

先生方が『これでいいんだ!』と安心してレッスンできるようになった、自信を深めていますといった報告を受けました。

とてもうれしくなりました。

          セミナー1日目 熊本バスティーン研究会

そして、セミナー後は大好きな熊本城の見学。

夜は先生方と懇親会で、大いに盛り上がりました。

ところが、ホテルに戻ってみたら、愕然とするメールが届いていました。